FC2ブログ

艸句会報:東陽(令和3年6月)

東陽通信句会

高点1句
負ふものの重みは知らず蝸牛     岡戸 林風

方々にものの音する夏の朝      松本ゆうき
幼子のしやぼんの匂ひ夕薄暑     新井 洋子
汗ばめる額差し出す検温機      岡崎由美子
金魚草ほそぼそと継ぐ駄菓子店    山本  潔
辰雄忌の緑のインク落し文      岡戸 林風
吊橋揺れて万緑の谷動く       安住 正子
吹き抜ける風の軽さや麻暖簾     長澤 充子
風の無き草叢選りて夏の蝶      斎田 文子
引き返すことも賢明かたつむり    野村えつ子
町並みの様変りして日雷       堤 やすこ
紫陽花のこみちを夫と歩きけり    貝塚 光子
萍を押しのけて寄る神の鯉      中川 照子
あぢさゐの藍にほぐるる心かな    中島 節子
忽然と友は施設へ風知草       向田 紀子
行々子来て大利根の流れかな     飯田 誠子

(清記順)

【一口鑑賞】負ふものの重みは知らず蝸牛」林風さんの句。人は誰しも重荷を背負って生きている。それを重いと感じるかどうかはその人次第だし、個人差もあるだろう。この句は、蝸牛を自分自身になぞらえているとも読めるし、重荷を背負う誰かのことを思いやっているとも読める。コロナ禍もあって自分のことで精一杯になりがちな世の中だが、人の苦労を思いやる優しさこそ必要だと思わせてくれる一句。「忽然と友は施設へ風知草」紀子さんの句。仲の良かった友人が前触れもなく、介護施設へ入ってしまったのだろう。上五の「忽然と」に作者の驚きがよく表れている。超高齢化社会では容易に起こり得ることだ。「風知草」はイネ科の植物で葉が細長く、表が白、裏は緑。表と裏の逆転した感じが戸惑いの大きさを物語る。(潔)
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
370位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
16位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR