FC2ブログ

艸句会報:東陽(令和3年7月)

東陽通信句会

高点3句
奥能登や青田の風は海に抜け     安住 正子
子らの声はみ出す日除駄菓子店    新井 洋子
製麺の音の洩れくる葭簾       向田 紀子

初蟬や一木一草うごかぬ日      野村えつ子
頬杖をついて無心や水中花      安住 正子
砂浜に小流れのすぢ浜豌豆      岡崎由美子
終バスの尾灯熱帯夜へ続く      新井 洋子
峡深き瀬音いつしか河鹿笛      岡戸 林風
古紙結ぶ紐の緩みも小暑かな     山本  潔
踏切の遮断機下りて炎暑なほ     長澤 充子
ビル街の隙間すきまの雲の峰     斎田 文子
梅雨晴や鳥群れくぐる葛西橋     中島 節子
浜風や烏賊がするめと化してゆく   中川 照子
空蟬や心は老いに追ひつかず     堤 やすこ
気散じのお鷹の道や岩清水      向田 紀子
ともかくも走つて逃げる夕立かな   松本ゆうき
蟬しぐれ聴きながら読む句集「艸」  貝塚 光子
岩の間の魚影きらめく群青忌     飯田 誠子
(清記順)

【一口鑑賞】関東甲信は平年より3日早く、7月16日に梅雨が明けた。ほぼ同じ頃に私は今年最初の蟬の声を聞いた。「初蟬や一木一草うごかぬ日」えつ子さんの句。初蟬が鳴いた日の感じを端的に書きとめている。「一木一草うごかぬ」とはいつも自然を観察している作者の実感。風がやみ初蝉だけが鳴いている。この日を境に季節も晩夏へと移ったのだろう。「踏切の遮断機下りて炎暑なほ」充子さんの句。情景としては遮断機が下りているだけなのだが、猛暑がやってきた日の1シーンとして共感できる。足止めを食っている作者の苛立ちは「炎暑なほ」に余すことなく表現されているのではないか。シンプルに季語の力を信じて詠んだ一句。(潔)
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
520位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
20位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR