FC2ブログ

艸句会報:かつしか(令和3年7月25日)

かつしか句会(亀有地区センター)
兼題「酸、酢」

高点1句
肘枕がくんと崩る三尺寝       片岡このみ

明け方に雨上がりけり蓮の花     伊藤 けい
ふるさとの酢橘を搾る麦焼酎     近藤 文子
角打ちの昼酒首の汗拭い       新井 洋子
はびこりて邪険にしたき酢漿の花   五十嵐愛子
酢こんぶとするめのつまみ遠花火   平川 武子
海の色めきてゆかしき能登上布    佐治 彰子
閉め忘る冷蔵庫から電子音      千葉 静江
約束のできない日々や草を引く    小野寺 翠
一膳に酢の物添へて夏蕨       高橋美智子
後先になりて子の振る捕虫網     笛木千恵子
風鈴や眠れぬ夜の友となり      西川 芳子
ご近所の音聞こえ来る胡瓜揉み    西村 文華
ひばの香の酸ケ湯にしみる日焼かな  霜田美智子
裏木戸の人来る気配夏休み      三尾 宣子
みちのくの酸味ほどよき心太     山本  潔
新婚さんらしき二人や青簾      片岡このみ
酸性の俺が好きよと藪蚊めが     新井 紀夫
身の酸化防ぐマリネや梅雨明ける   中山 光代
彩雲を夢に見た夢金魚玉       山田 有子

(清記順)

【一口鑑賞】肘枕がくんと崩る三尺寝」このみさんの句。「三尺寝」は昼寝の副季語。職人さんが三尺ほどの狭い空間で仮眠するからという説と、太陽の影が三尺動くだけの短い間の昼寝という説があるらしい。いずれにしても仕事の合間の至福の時だろう。枕を使う余裕はなく、肘枕で眠るしかない。そんな職人さんが「がくん」と崩れる瞬間を活写した。「一膳に酢の物添へて夏蕨」高橋美智子さんの句。兼題からの発想で「酸っぱさ」を詠んだ句はいろいろあったが、掲句はさりげない詠みぶりながら、「夏蕨」が浮き立つ。夏に高原などで採れる山菜は趣が深く、ありがたみも増す。(潔)
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
220位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
14位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR