FC2ブログ

艸句会報:若草(令和3年8月7日)

若草句会(亀有 ギャラリー・バルコ)
兼題「紀」

高点2句
皿替へていつものメニュー今朝の秋   針谷 栄子
泡ひとつ吐いて金魚の夢ごこち     飯田 誠子

新酒酌むあては紀文の焼きちくわ    山本  潔
寄添ふといふ優しさや甘野老(あまどころ)  岡戸 林風
養生の身を委ねたる籐寝椅子      安住 正子
新秋や少女の頃の愛読書        沢渡  梢
原爆忌青き地球を壊すまじ       飯田 誠子
ときをりは散りたきこころ水中花    坪井 信子
大往生と思へば蟬は死んだふり     松本ゆうき
白樺の風惜しみなく避暑の宿      新井 洋子
油照り水かけられて遊ぶ犬       石田 政江
原爆忌赦されぬこと赦すこと      市原 久義
コロナ禍の教育論よ夏の月       吉﨑 陽子
秋茄子を焼いて信濃の刺身とも     新井 紀夫
「どこでもドア」あればジュラ紀へ夏休 針谷 栄子

(清記順)

【一口鑑賞】皿替へていつものメニュー今朝の秋」栄子さんの句。句会の日はちょうど立秋。連日の猛暑でまだ実感はないが、秋の気配をいち早く感じて詠むことが俳句の醍醐味でもある。いつもと同じ朝食を作りながら、お皿を替えるところが繊細な作者らしい。朝の食卓にあたる光や食器の音、サラダの色合いなどに忍び寄る秋を感じたのである。「泡ひとつ吐いて金魚の夢ごこち」誠子さんの句。一読して泡を吐いた金魚の様子が目に浮かぶ。続いて金魚の眠そうな目玉が見えてくる。「金魚の夢ごこち」と言っているが、「夢ごこち」なのは作者自身なのだろう。読み手もなんだかほのぼのとした気分になってくる一句。(潔)
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
220位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
14位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR