FC2ブログ

艸句会報:すみだ(令和3年8月25日)

すみだ句会(すみだ産業会館)
兼題「宙」

高点2句
秋暑し売るか捨つるか読まぬ本    松本ゆうき
宙を飛ぶ夢を見てゐる箒草      貝塚 光子

鉄塔の迫る高さに稲光        岡崎由美子
韓藍や宙に弧を描く戦闘機      山本  潔
己が身を守るはおのれ赤とんぼ    松本ゆうき
向日葵や俯いてなほ日を追ひぬ    工藤 綾子
けふ処暑の心もとなき白き腕     岡戸 林風
湯治場にまたぎのつくる蝮酒     貝塚 光子
蜩や昼なほ暗き修験道        福岡 弘子
蓮の葉の風にくるくる水の玉     内藤和香子
秋めくや木漏れ日揺るる園の池    桑原さかえ
藤村の詩を諳んじつ秋の空      大浦 弘子
オリーブの鉢に水やる今朝の秋    長澤 充子

(清記順)

【一口鑑賞】宙を飛ぶ夢を見てゐる箒草」光子さんの句。「箒草(ほうきぐさ)」はこんもりと丸みを帯びている。その名が示すとおり草ぼうきを作るのに利用された。最近は「コキア」と言った方がピンとくる人が多いかもしれない。晩夏に穂状の小花をつけ、秋に結実する。この実は「とんぶり」と呼ばれ“畑のキャビア”として料理に珍重される。作者は「箒草」になりきって宙を飛ぶ夢を見ているのである。なんだかほのぼのとした気分になる一句。「オリーブの鉢に水やる今朝の秋」充子さんの句。マンションのベランダにさまざまな植物を育てている作者。まだまだ暑さは厳しいが、立秋の朝に水をやる気分は格別だろう。いろいろな鉢が並ぶなか、オリーブに焦点を絞った詠みぶりがいい。(潔)
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
220位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
14位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR