FC2ブログ

艸句会報:若草(令和3年11月13日)

若草句会(亀有 ギャラリー・バルコ)
兼題「有」

高点1句
冬あたたか遺影の笑みと対座して   岡戸 林風

雑学を重ねし一世落葉焚       松本ゆうき
残菊を括り千代女の寺閑か      吉﨑 陽子
けらつつき老樹の木霊呼び覚ます   新井 洋子
保母さんのエプロン掴む児に小春   沢渡  梢
「訳有り」と朱書きのタグの松葉蟹  新井 紀夫
盆栽の朽ちてなほ咲く寒桜      石田 政江
神無月妻は中有の旅にあり      岡戸 林風
ひもすがら我を介助の木の葉髪    市原 久義
時雨忌や歳時記に有るめくり癖    針谷 栄子
有り体に言へば凡婦よちやんちやんこ 安住 正子
新橋も有楽町も時雨れけり      山本  潔
有機なる虫食ひ蕪菁届きけり     飯田 誠子

(清記順)

【一口鑑賞】冬あたたか遺影の笑みと対座して」林風さんの句。先月末に奥様を亡くされた作者。日々遺影と向き合い、語る思い出は尽きないのだろう。奥様は手術から亡くなるまでの日々をずっとご自宅で過ごし、最期は「バイバイ」と手を振ってくれたそうだ。上五の「冬あたたか」には、奥様への感謝の念と、精いっぱい看病ができたという作者の思いが込められている。欠席投句だったが、句会では「季語に救われる思いがした」との声が上がった。「神無月妻は中有の旅にあり」も林風さんの句。「中有(ちゅうう)」は仏教用語。日本では死後49日までの間を言う。この日の兼題「有」から発想しての作だが、まさに今しか詠めない一句。悲しみと向き合う上でも、俳句が心の支えになっていると思わせてくれる。(潔)
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
371位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
15位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR