FC2ブログ

艸句会報:連雀(令和3年11月17日)

連雀句会(三鷹駅前コミュニティセンター)
兼題「母」

高点2句
茶の花や今なら解る母のこと     春川 園子
しぐるるや近くて遠き針の孔     束田 央枝

亡き母のへそくり眠る冬座敷     松本ゆうき
木漏れ日の重なり合へる小春かな   渕野 宏子
山茶花や母娘最後の伊豆の旅     春川 園子
近くに死見え隠れして種を採る    横山 靖子
紅葉や檻より人を見るゴリラ     坪井 信子
大根の抜かれし穴に夕日さす     松成 英子
和菓子舗に書肆に茶房に聖樹かな   中島 節子
小雪やパンの酵母の芳しく      山本  潔
蜜柑むく二人で居ても独り言     飯田 誠子
鋤焼や下戸のまじりて一家系     向田 紀子
筆持つとすぐ眠くなる一葉忌     束田 央枝
賞のなき大菊軒に愛しめり      安住 正子
産土神の鴟尾輝やける冬の晴     進藤 龍子
大綿の群れをはずれし一つに日    矢野くにこ

(清記順)

【一口鑑賞】茶の花や今なら解る母のこと」園子さんの句。句意は明快だ。若いころは母の言うことに素直になれなかったり、反発したりしたこともあったのだろう。そんな昔を思い出しながら、今なら母の気持ちがよく理解できると感じている作者。「茶の花」は初冬に咲くが、同じツバキ科の山茶花や寒椿に比べると、ひっそり咲いている。穏やかな冬の日差しのなかで母を懐かしく思う気持ちを詠んだ。「しぐるるや近くて遠き針の孔」央枝さんの句。「時雨」は冬の初めの通り雨。短時間にぱらぱらと降る音が冬の到来を告げる。この句は、縫い物をしようとしているところだろう。針の孔(あな)になかなか糸が通らないじれったさを「近くて遠き」と巧みに表現した。生活のなかの手元の1シーンを詠み、滑稽味のある句に仕上げた。(潔)
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
371位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
15位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR