FC2ブログ

花暦句会報:若草(平成28年10月8日)

若草句会(俳句文学館)
兼題「柿」/席題「日」

高点4句
柿照るや媼ひとりが守る畑      針谷 栄子
月に暈円周率は忘れけり       坪井 信子
鐘楼に鐘無き寺や柿赤し       加藤 弥子
復刊を望む日々なり草は実に     岡戸 良一

蓮の実の弾けむと日を待ちをりぬ   加藤 弥子
秋霖の日和山より津波跡       安住 正子
十六夜の汐ひたひたと能舞台     岡戸 良一
木の実落つ鶏小屋のトタン屋根    市原 久義
両親を送りし安堵菊膾        針谷 栄子
青空の句点のやうな木守柿      岡崎由美子
灯火親し合点の言葉見出して     森永 則子
月走る礁に高き波頭         新井 洋子
爪を切る音の弾める萩の窓      坪井 信子
蔵ひとつ残りし母屋柿たわむ     矢野くにこ

                       (清記順)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
12位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR