FC2ブログ

花暦句会報:東陽(平成28年11月27日)

東陽句会(江東区産業会館)
席題「熊」「兎」

高点3句
銭湯に隣る下宿屋一葉忌     安住 正子
村人の救ひし木仏笹子鳴く    浅野 照子
日溜りの安らぎにあり枯蓮    野村えつ子

外濠の夜の白鳥うす明り     飯田 誠子
悠悠と熊知床の荒磯に      市原 久義
直線に陰るビル間の蒲団干し   斎田 文子
方丈の悟りの窓や冬もみじ    岡戸 良一
故郷のまたぎの話兎汁      貝塚 光子
裏山へ兎罠見に兄弟       安住 正子
鎌錆びて枯蟷螂の祈るかに    新井 洋子
兎年生まれでありし冬ぬくし   白崎千恵子
山門の袖に迫り出す花八ツ手   長澤 充子
芦刈女夕日の色となりにけり   野村えつ子
石蕗の花転ばぬ先の杖恃み    浅野 照子
                (清記順)

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
408位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
16位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR