FC2ブログ

「艸句会報:東陽(令和3年11月)

東陽通信句会

高点1句
石蕗咲くや海の端まで平らかに    新井 洋子

一片の落葉を肩に測量士       岡崎由美子
秋麗の山のリフトや深呼吸      貝塚 光子
航跡は海の綻び鳥渡る        安住 正子
冬隣終の住処に移りけり       長澤 充子
過ぎし日よ吊るされてゐる唐辛子   堤 やすこ
車座の繕ふ網や花八つ手       飯田 誠子
切株の座卓や杣のきのこ汁      新井 洋子
肩凝りも腰痛もなき案山子かな    山本  潔
見返しに銀杏落葉のしをりかな    松本ゆうき
湯豆腐の老舗消えゆく令和かな    向田 紀子
佃島に冬日を湛ふ船溜まり      斎田 文子
ビル群の影絵となりぬ冬茜      中島 節子
文化の日お子様ランチ旗立てて    中川 照子

(清記順)

【一口鑑賞】石蕗咲くや海の端まで平らかに」洋子さんの句。初冬のまだ暖かな日に咲いた黄色い石蕗の花はいかにものどかな感じがする。海を一望する公園に立つ作者。真っ直ぐな水平線を見て「石蕗日和」との言葉が口を突いて出たのだろう。原句は「石蕗日和海の端まで平らかに」だった。これでも気持ちは伝わるが、前半の字面が漢字でごちゃついている。さらに「『石蕗』だけでは花のことにならない」(角川『俳句歳時記』第4版)との問題もあり、推敲案とした。「見返しに銀杏落葉のしをりかな」ゆうきさんの句。「見返し」は本の表紙と本文とをつなぎ合わせている丈夫な紙。作者は出版社に勤めていたから、そのへんは詳しい。この句は、散歩の途中で拾った「銀杏落葉」を、読みかけの本の栞にしようと、「見返し」に挟んだのだろう。あるいは古本を開いたら挟まっていたのかもしれない。(潔)

艸句会報:すみだ(令和3年11月24日)

すみだ句会(すみだ産業会館)
兼題「立」

高点1句
筆立てに朱のボールペン一葉忌    岡戸 林風

石垣の隅にぽつりと返り花      長澤 充子
老いて知る最後はひとり冬すみれ   大浦 弘子
しぐるるや里子に出した犬のこと   川原 美春
「のぼるな」と火の見櫓の残る町   髙橋 郁子
掌に温き今日の湯呑みや冬初め    矢島 捷幸
おてんばのガッツポーズや七五三   貝塚 光子
汐風の届く葬りや帰り花       岡戸 林風
降り立ちてより日本の鶴となる    工藤 綾子
立ち揃ふ枯れ蘆に沿ひ水の音     岡崎由美子
すつきりと立教大の聖樹の灯     山本  潔
出会ふとは別るることよ冬銀河    福岡 弘子
見てくれの変はらぬものに千歳飴   内藤和香子
立ち話短日の陽に急かされて     山本 吉徳
自分史を書いてみやうか六花舞ふ   三宅のり子
満ち欠けの天体ショーや冬の月    松本ゆうき

(清記順)

【一口鑑賞】筆立てに朱のボールペン一葉忌」林風さんの題詠。樋口一葉は明治29年11月23日、24歳の若さでこの世を去った。当時、まだボールペンはなく、一葉は筆と墨で書いていた。この句の「朱のボールペン」は一葉と直接的な関係は何もないが、原稿やゲラが思い浮かぶ。作者は筆立てを見ながら「もしも今の時代に一葉がいたら」と空想にふけったのだろう。「『のぼるな』と火の見櫓の残る町」郁子さんの句。一読して「火の見櫓」が懐かしい。冬の季語「火事」の副題だが、今や実際に使われているものはないかもしれない。むしろ観光地ではシンボルとして親しまれている。この句は山形県の赤湯温泉で見た「火の見櫓」を詠んだそうだ。下五の「残る町」に情感がある。(潔)

艸句会報:連雀(令和3年11月17日)

連雀句会(三鷹駅前コミュニティセンター)
兼題「母」

高点2句
茶の花や今なら解る母のこと     春川 園子
しぐるるや近くて遠き針の孔     束田 央枝

亡き母のへそくり眠る冬座敷     松本ゆうき
木漏れ日の重なり合へる小春かな   渕野 宏子
山茶花や母娘最後の伊豆の旅     春川 園子
近くに死見え隠れして種を採る    横山 靖子
紅葉や檻より人を見るゴリラ     坪井 信子
大根の抜かれし穴に夕日さす     松成 英子
和菓子舗に書肆に茶房に聖樹かな   中島 節子
小雪やパンの酵母の芳しく      山本  潔
蜜柑むく二人で居ても独り言     飯田 誠子
鋤焼や下戸のまじりて一家系     向田 紀子
筆持つとすぐ眠くなる一葉忌     束田 央枝
賞のなき大菊軒に愛しめり      安住 正子
産土神の鴟尾輝やける冬の晴     進藤 龍子
大綿の群れをはずれし一つに日    矢野くにこ

(清記順)

【一口鑑賞】茶の花や今なら解る母のこと」園子さんの句。句意は明快だ。若いころは母の言うことに素直になれなかったり、反発したりしたこともあったのだろう。そんな昔を思い出しながら、今なら母の気持ちがよく理解できると感じている作者。「茶の花」は初冬に咲くが、同じツバキ科の山茶花や寒椿に比べると、ひっそり咲いている。穏やかな冬の日差しのなかで母を懐かしく思う気持ちを詠んだ。「しぐるるや近くて遠き針の孔」央枝さんの句。「時雨」は冬の初めの通り雨。短時間にぱらぱらと降る音が冬の到来を告げる。この句は、縫い物をしようとしているところだろう。針の孔(あな)になかなか糸が通らないじれったさを「近くて遠き」と巧みに表現した。生活のなかの手元の1シーンを詠み、滑稽味のある句に仕上げた。(潔)

艸句会報:若草(令和3年11月13日)

若草句会(亀有 ギャラリー・バルコ)
兼題「有」

高点1句
冬あたたか遺影の笑みと対座して   岡戸 林風

雑学を重ねし一世落葉焚       松本ゆうき
残菊を括り千代女の寺閑か      吉﨑 陽子
けらつつき老樹の木霊呼び覚ます   新井 洋子
保母さんのエプロン掴む児に小春   沢渡  梢
「訳有り」と朱書きのタグの松葉蟹  新井 紀夫
盆栽の朽ちてなほ咲く寒桜      石田 政江
神無月妻は中有の旅にあり      岡戸 林風
ひもすがら我を介助の木の葉髪    市原 久義
時雨忌や歳時記に有るめくり癖    針谷 栄子
有り体に言へば凡婦よちやんちやんこ 安住 正子
新橋も有楽町も時雨れけり      山本  潔
有機なる虫食ひ蕪菁届きけり     飯田 誠子

(清記順)

【一口鑑賞】冬あたたか遺影の笑みと対座して」林風さんの句。先月末に奥様を亡くされた作者。日々遺影と向き合い、語る思い出は尽きないのだろう。奥様は手術から亡くなるまでの日々をずっとご自宅で過ごし、最期は「バイバイ」と手を振ってくれたそうだ。上五の「冬あたたか」には、奥様への感謝の念と、精いっぱい看病ができたという作者の思いが込められている。欠席投句だったが、句会では「季語に救われる思いがした」との声が上がった。「神無月妻は中有の旅にあり」も林風さんの句。「中有(ちゅうう)」は仏教用語。日本では死後49日までの間を言う。この日の兼題「有」から発想しての作だが、まさに今しか詠めない一句。悲しみと向き合う上でも、俳句が心の支えになっていると思わせてくれる。(潔)

艸句会報:船橋(令和3年10月30日)

船橋句会(船橋市勤労市民センター)

高点2句
長き夜や「赤毛のアン」の書に遊ぶ  針谷 栄子
秋高し園児の列の伸びちぢみ     山本 吉徳

病む人を思ふ人ゐて白秋忌      山本  潔
蟠り解けず引きずる夜寒かな     矢島 捷幸
出来たてのおにぎり十月桜かな    沢渡  梢
冷まじや朝な夕なの飲み薬      市原 久義
リハビリのモンローウオーク鰯雲   川原 美春
本当の事は言はずに濁り酒      山本 吉徳
茶葉踊るアールグレイや小鳥来る   針谷 栄子
美味さうに描けし柿よ実も旨し    三宅のり子
鉄塔に風の哭き声神の留守      並木 幸子
秋晴や古きベンチの木の匂ひ     岡崎由美子

(清記順)

【一口鑑賞】長き夜や『赤毛のアン』の書に遊ぶ」栄子さんの句。秋の夜長は読書にはもってこいだ。子どもの頃からモンゴメリの名作「赤毛のアン」のファンなのだろう。全10巻セットはいつも手の届くところにある。「書に遊ぶ」というくらいだから、好きな場面を何度も読み返したり、絵を眺めたり、ノートに書き写したりしているのかもしれない。「長き夜」をアンとともに楽しんでいる作者の姿が浮かんでくる。「リハビリのモンローウオーク鰯雲」美春さんの句。不自由な脚のリハビリが欠かせない作者。俳句にも常に前向きに取り組んでいる。マリリン・モンローの動きを思わせる運動をしながら、ふと窓の外を見ると、いかにも秋らしい「鰯雲」が広がっていたのだろう。空を眺めながら来し方を思う気持ちを季語に託している。(潔)

艸句会報:すみだ(令和3年10月27日)

すみだ句会(すみだ産業会館)
兼題「和」

高点1句
蔓引けばなほ遠ざかる烏瓜

蛇笏忌や三和土の店に酌む地酒    大浦 弘子
むさし野の銀鼠のそら雁渡る     松本ゆうき
黒文字も箸も手製や走り蕎麦     福岡 弘子
棟上げの槌音高く秋日和       工藤 綾子
思ひ切り捨てて身軽や秋の空     長澤 充子
黄落や古都の通史と資料集      山本  潔
朱印帳めくるひととき秋惜しむ    内藤和香子
老杉の長き参道秋湿り        髙橋 郁子
暮近き園の小径の酔芙蓉       貝塚 光子
行く秋の波のあはひの静寂かな    岡崎由美子

(清記順)

【一口鑑賞】蔓引けばなほ遠ざかる烏瓜」。この日の高点句。「烏瓜」は晩秋になると、周りの草や木が枯れ始めているなかで、卵型の実が熟れて朱色になりぶらさがっている。この実を取ろうと手を伸ばして蔓を引っ張ったところ、反動でさらに遠くへ行ってしまったのだ。はぐらかされたような作者の虚ろな気分が伝わってくることから点を集めた。しかし、残念ながらこの句には<つる引けば遥かに遠しからす瓜>という先行句がある。詠んだのは江戸後期の絵師で俳人の酒井抱一。高点句とはいえ、こうした先行句がある場合は類想句として取り下げるのが先人への礼儀だろう。作者もいさぎよく応じてくれた。(潔)

艸句会報:かつしか(令和3年10月24日)

かつしか句会(亀有地区センター)
兼題「園」

高点1句
肌寒の身のうちにある痛みかな    三尾 宣子

秋暑し夜更けの地震に戦きて     三尾 宣子
地に落ちてなほ美しき柿落葉     片岡このみ
紅葉且つ散る霊園のモアイ像     新井 紀夫
吊し柿一つひとつの陽の匂ひ     山本  潔
鯖雲やトルコ名物サバサンド     西村 文華
虫の音に微睡み今日のあれやこれ   高橋美智子
歯切れ良き浜つ子言葉天高し     山田 有子
木の葉舞ふ園児巻き込み鬼ごつこ   近藤 文子
旅終えてまた旅を恋ふ十三夜     千葉 静江
吊橋や粧ふ山に誘へり        五十嵐愛子
誰のためこんなに赤く返り花     小野寺 翠
公園に園児らの列秋探し       西川 芳子
きらひすききらひでもすき秋桜    霜田美智子
ハンガーの重くなりゆく冬隣     平川 武子
石仏の衣や彩さす草紅葉       中山 光代
揉み塩にきゆきゆと色濃き秋茄子   笛木千恵子
熊よけの鈴の行き交ふ草紅葉     佐治 彰子
草紅葉殺生石の注連ゆるび      新井 洋子
わが庭のいづくに棲むか痩飛蝗    伊藤 けい

(清記順)

【一口鑑賞】肌寒の身のうちにある痛みかな」宣子さんの句。晩秋になると、寒さを感じるようになる。俳句では、ただ単に肌に感じる寒さを「肌寒」、心理的に感じる寒さを「そぞろ寒」「うそ寒」などの季語に託して詠む。この句は、皮膚で捉えた寒さのなかに「身のうちにある痛み」を訴えているが、その正体はわからない。「痛み」をどう受け止めるかは読み手にゆだねられている。「紅葉且つ散る霊園のモアイ像」紀夫さんの句。この日の兼題「園」で「公園」「園児」「庭園」などの句が多く出されるなか、「霊園のモアイ像」が異彩を放っていた。実際に北海道・真駒内の霊園にモアイ像があるそうだ。旅好きの作者の記憶を思い起こして詠んだ一句。季語「紅葉且つ散る」に臨場感がある。(潔)

艸句会報:東陽(令和3年10月23日)

東陽句会(江東区産業会館)

高点1句
菊日和久方ぶりの句座となり     松本ゆうき

手漕舟櫂ゆつくりと秋惜しむ     安住 正子
とる姿猿に似て来るゑのこづち    松本ゆうき
秋天をブラスバンドの弾みゆく    中川 照子
答案を見せ合ふ二人ちちろ鳴く    山本  潔
秋寂ぶやチョッキの釦掛け違へ    中島 節子
ビルの間の鉄扉を閉ざす運動会    斎田 文子
点滴の針あと蒼き夜寒かな      岡戸 林風
花灯窓の堂の閑かさ薄紅葉      飯田 誠子
親の務め減りてシャインマスカット  向田 紀子
青空に貼り付く十月桜かな      堤 やすこ
りんご剥く本音話せる夫とゐて    新井 洋子

(清記順)

【一口鑑賞】菊日和久方ぶりの句座となり」ゆうきさんの句。コロナ禍以降、艸の六つの句会のうち、東陽句会は郵便による通信句会に徹してきたが、第5波の感染が急速に萎んだことから、1年8カ月ぶりに対面で実施した。この句は、句友との再会を喜ぶ気持ちを素直に詠んだ。窓の外は雲一つない青空が広がり、まさに「菊日和」。明るく澄んだ日差しを感じながら「座の文芸」を楽しんだ。「秋天をブラスバンドの弾みゆく」照子さんの句。通信句会を取り仕切ってきた作者。コロナ禍で引きこもりがちな日々を過ごしてきたが、最近は少しずつ出歩くようになってきたという。この句は、マンションから見える中学校でブラスバンド部が練習している様子を詠んだ。「弾みゆく」に気持ちの明るさが表れている。(潔)

艸句会報:若草(令和3年10月11日)

若草句会(亀有 ギャラリー・バルコ)
兼題「紙」

高点1句
鰍突く祖父は明治の近衛兵      坪井 信子

白秋や宮の土俵に紙垂吹かれ     新井 洋子
秋興や老いてジュラ紀の鳥のこと   坪井 信子
紙芝居子らと観てゐる赤とんぼ    沢渡  梢
苔を食む鯉の背鰭や水澄めり     飯田 誠子
『のらくろ』の布張りの書や秋灯   安住 正子
新蕎麦や一筆箋の添へ手紙      新井 紀夫
シューベルト妻と聴く夜の黒葡萄   山本  潔
難民の幕舎も照らせけふの月     市原 久義
絵草紙の猫の百態秋灯下       岡戸 林風
大木の実紅くして梢の秋       石田 政江
木と土と紙のお家や小鳥来る     松本ゆうき
曼珠沙華活けるためらひありにけり  針谷 栄子
地方紙を入れて発送富有柿      吉﨑 陽子

(清記順)

【一口鑑賞】難民の幕舎も照らせけふの月」久義さんの句。今年の中秋の名月は9月21日(陰暦8月15日)で8年ぶりに天体運行の満月と重なった。見事な月は現在の地球を映す鏡のようでもあった。作者には、急激に政情が不安定になったアフガニスタンが見えたのだ。「幕舎(ばくしゃ)」はテント。そこに暮らす難民も照らしてほしい。そう祈りながら詠んだ一句。「地方紙を入れて発送富有柿」陽子さんの句。「富有柿」は西日本を中心に各地で生産されている晩成の代表品種。甘みが強く、果肉は柔らかい。この句は、兼題「紙」で「地方紙」を詠み込んだ。柿と一緒に受け取った人は、作者の地元のニュースを興味深く読むことだろう。(潔)

艸句会報:連雀(令和3年10月6日)

連雀句会(三鷹駅前コミュニティセンター)
兼題「健」

高点2句
赤とんぼ風のりかへて戻りけり    安住 正子
村医者のブルージーンズ小鳥来る   山本  潔

健やかに生きて米寿の菊膾      坪井 信子
健脚でありしはむかし葛の花     安住 正子
わが晩年穏やかにあり秋彼岸     春川 園子
無患子や健やかなれと祈る嫁     松成 英子
窓あけて一人満月見て眠る      横山 靖子
函館の街の灯りを夜長とす      飯田 誠子
健さんの映画ロケ地や秋没日     山本  潔
老犬の健気な歩み草の花       向田 紀子
秋うらら「艸」の表紙の赤とんぼ   中島 節子
数珠玉や父とつくりし首飾り     渕野 宏子
ゆく風を追ひかける風大花野     矢野くにこ
遮るものなく名月は其処に在す    束田 央枝
取りあへずラジオ体操秋日和     松本ゆうき
(清記順)

【一口鑑賞】赤とんぼ風のりかへて戻りけり」正子さんの句。原っぱに群れて飛ぶ「赤とんぼ」。そのうちの一匹をじっと観察している作者。宙に静止したかと思うと、不意に遠ざかり、また戻ってくる。そんな一瞬を「風のりかへて」と言い止めた。戻ってきた一匹に愛着を感じたのかもしれない。「数珠玉や父とつくりし首飾り」宏子さんの一句。「数珠玉」はイネ科の多年草で湿地に生える。秋に結んだ実が、緑から黒や灰色へ変化して硬くなる。この実を採って子どもが遊んだことから、この名がある。作者も幼い頃に父親と一緒に首飾りを作ったという。「数珠玉」を見るたびに蘇る大切な思い出を一句にした。(潔)

プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
371位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
15位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR