FC2ブログ

艸句会報:かつしか(令和2年12月20日)

かつしか句会(亀有地区センター)
兼題「師走」

高点1句
侘助が満開ですねお義父さん     山田 有子

七草の籠を買ひ来る師走かな     山田 有子
居酒屋の手書きのメニュー年暮るる  三尾 宣子
笑ひ皺いつしか消えて十二月     小野寺 翠
健診の縮みし背丈干大根       霜田美智子
柚子風呂や孫は大人に「なにぬねの」 中山 光代
冬枯や野仏の顔薄れをり       近藤 文子
師走空上野浅草一万歩        片岡このみ
目覚しの三度に覚悟の冬の朝     笛木千恵子
喪中とてやるべき事はやる師走    五十嵐愛子
愛想良き人型ロボット街師走     新井 洋子
振舞の酒も自粛の夜警かな      新井 紀夫
ブティックの夜のウインドに雪女   山本  潔
水鳥や湖畔の宿のログハウス     佐治 彰子
ありし日の母と仕立てし蒲団かな   伊藤 けい

(清記順)

【一口鑑賞】侘助が満開ですねお義父さん」有子さんの句。「侘助」はツバキ科の樹木。椿に似た白や紅の小ぶりの花をつける。豊臣秀吉が朝鮮出兵した際に「わびすけ」という人物が持ち帰ったという説もあるが定かではない。寒くなり侘助が庭に咲くたびに義父のことが懐かしくなる作者。義父が大事に育てていたのだろう。死者への「満開ですね」という呼び掛けに親しみが込められている。
 「笑ひ皺いつしか消えて十二月」翠さんの句。「笑ひ皺」は文字どおり笑ったときにできる皺。若い頃は気にならなかったが、年齢とともに特に女性には気になるものらしい。しかし、師走の忙しいなかにあっては「笑ひ皺」を作る余裕もないということだろう。この句は「十二月」の慌ただしさを軽妙に伝えている。
 「振舞の酒も自粛の夜警かな」紀夫さんの句。昨今、夜警を行うところは少ないかもしれない。昔は「火の用心!」という声の後に「カチ、カチ」という拍子木を打つ音が聞こえてきたものだ。作者の住む亀有界隈では毎年行われているというが、今年は恒例の振舞酒が自粛に。これを楽しみに夜警に参加していた人もいただろう。コロナ禍の影響はこんなところにも表れている。(潔)

艸句会報:若草(令和2年12月12日)

若草句会(亀有 ギャラリー・バルコ)
兼題「安」

高点1句
夢で行く月面歩行羽根蒲団      針谷 栄子

老いもまた夫婦の絆冬林檎      針谷 栄子
十二月八日電車の窓開けて      山本  潔
収束の見へぬコロナ禍鰤起し     吉﨑 陽子
しぐるるや黒姫山の影移り      石田 政江
湯豆腐や掬う木の香のちりれんげ   安住 正子
一年の安堵に浸かる冬至風呂     市原 久義
ギャラリーに集ふ句友や十二月    沢渡  梢
おでん酒安全靴の泥乾び       新井 洋子
漬樽の箍締め直す十二月       飯田 誠子
安らぎや冬芽の眠りゐる大地     坪井 信子
風呂吹や心安らぐ日を恃み      岡戸 林風
走り根にハンドル取られ冬の暮    新井 紀夫
冬夕焼十年先は何処で見む      松本ゆうき

(清記順)

【一口鑑賞】夢で行く月面歩行羽根蒲団」栄子さんの句。羽根蒲団がなんとも気持ち良さそう。軽く、ふわふわした感じはまさに月を歩いているイメージ。人類が初めて月に降り立ったのは1969年。あれから既に半世紀。最近は惑星探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウのかけらを採取して地球に運んできた。そんなニュースが作者に月へ行く夢を見させてくれたのかもしれない。
 「おでん酒安全靴の泥乾び」洋子さんの句。兼題の「安」から発想した「安全靴」。仕事を終えた職人たちがおでんをつつきながらお酒を飲んでいる。立呑み屋か屋台だろう。この句は靴の乾いた泥に着目したところがお手柄。危険と隣り合わせの工事現場や、仕事を終えた職人の安堵の表情が思い起こされる。
 「安らぎや冬芽の眠りゐる大地」信子さんの句。すっかり葉を落とした冬の木々。その造形は美しい。秋のうちに作られた芽を抱きながら木々が越冬する大地はまさに安らぎのなかにある。上五の「安らぎや」に詩情が感じられる。
 「風呂吹や心安らぐ日を恃み」林風さんの句。「風呂吹き」は大根や蕪の皮をむいて厚めに切り、昆布を敷いた鍋でゆっくりと煮る。みりん、砂糖などを入れて練った味噌を塗り、柚子を散らして熱いうちに食べれば体も心も温まる。この句はコロナ禍収束への願いが込められている。(潔)

艸句会報:連雀(令和2年12月4日)

連雀句会(三鷹駅前コミュニティセンター)
兼題「笑」

高点3句
冬ぬくし遺影の母の片笑窪      安住 正子
マンホールの蓋はアートよ町師走   坪井 信子
舟唄の声のかすれや木の葉髪     山本  潔

木枯によろけて独り笑ひかな     飯田 誠子
徳俵とはまこと福の名大相撲     坪井 信子
参道の雲母の光る冬日和       進藤 龍子
冬満月この世更けゆき透明に     横山 靖子
山茶花笑むわが通院の往復に     春川 園子
母さんの作り笑ひや竈猫       山本  潔
日向ぼこ忘れ上手な齢となり     安住 正子
ひょっとこにどっと笑って里神楽   松成 英子
川筋を真一文字や冬の鷺       松本ゆうき
思ひ出し笑ひ笑はれ落葉道      中島 節子
冬靄に浮島かとも遠赤城山      向田 紀子
風に乗るカリヨンの音や冬薔薇    矢野くにこ
五十年の硯の重く漱石忌       束田 央枝

(清記順)

【一口鑑賞】「冬ぬくし遺影の母の片笑窪」正子さんの句。今回の兼題「笑」は「笑い」そのものから離れて発想するのはなかなか難しい言葉。作者は若くして亡くなった母親の遺影に「笑い」を見つけた。片笑窪のお母さんはチャーミングな表情をしているのだろう。「冬ぬくし」に作者の気持ちが表れている。
 「木枯によろけて独り笑ひかな」誠子さんの句。寒い日に着膨れて買い物に出かけた作者。木枯の吹き荒ぶなか、信号待ちをしていたのかもしれない。強風にあおられてよろけてしまった。周りを気にしながら、思わず独り笑いをしている作者の姿が目に浮かぶ。「思ひ出し笑ひ笑はれ落葉道」節子さんは実際に誰かに笑われてしまったことを詠んだ。いったい何を思い出したのだろう。いずれの句も笑いをやや自虐的に捉えて楽しい句になった。
 「風に乗るカリヨンの音や冬薔薇」くにこさんの句。カリヨンは複数の鐘を組み合わせて音楽を奏でる。もともとはフランドル地方(ベルギー、オランダ)の伝統楽器で、14世紀ごろから教会や鐘楼に設置されるようになった。この句を一読して神代植物公園のカリヨンを思った。薔薇園前の広場に設置されており、季節に合った曲を演奏する。今なら冬薔薇がじっとその音を聴いている。(潔)

艸句会報:東陽(令和2年11月)

東陽通信句会

高点2句
マスクして人みな遠しきのうふけふ  岡崎由美子
大学がバスの終点銀杏散る      野村えつ子

旅先の宿の番傘初しぐれ       長澤 充子
民宿の裏も民宿干大根        野村えつ子
息災を確かめ合うて落葉掻      貝塚 光子
篁の風のからびや冬に入る      安住 正子
日溜りの砂場の落葉だまりかな    向田 紀子
深海の大王烏賊へおよぶ冬      山本  潔
冬薔薇人工知能に囲まれて      堤 やすこ
流行は過客の如く翁の忌       岡戸 林風
カラカラと吾を超えゆく枯葉かな   斎田 文子
鳥渡る眼下に千の交差点       飯田 誠子
地になほも桜落葉の華やかに     中島 節子
冬芽萌ゆ伐採せまる老幹に      中川 照子
何もかも間が悪き日のおでん酒    岡崎由美子
新海苔のむすびと地図と老眼鏡    新井 洋子
アンネともエリザベスとも冬薔薇   松本ゆうき

(清記順)

【一口鑑賞】息災を確かめ合うて落葉掻」光子さんの句。コロナ禍にあって、この冬は落葉掻も例年とは様子が異なるようだ。近所の顔見知りが集まっているのは一緒なのだが、みんなマスクをしている。適度に距離を保ち、無駄口を叩く人もいない。それでもお互いの無事だけは確かめ合っている。上五〜中七の措辞に実感が籠もる。いつもの冬なら見過ごされそうな光景を的確に捉えた一句。
 「冬薔薇人工知能に囲まれて」やすこさんの句。過去にA Iブームは2回ほどあったが、今回はコンピューター技術の進歩に加え、インターネットの普及などにより期待は大きく膨らんでいる。コロナ禍でテレワークが広がっていることも拍車をかけているようだ。この句は、冬薔薇を人工知能が取り囲んでいるという見立てにユーモアがある。取り合わせの妙とでも言うべきか…。
 「鳥渡る眼下に千の交差点」誠子さんの句。「鳥渡る」は中秋から晩秋にかけて日本にやってくる渡り鳥のこと。この句は、鳥の視点で地上を見下ろしているのだが、「千の交差点」がある光景はいったい何を意味しているのだろう。鳥の目には現代社会は複雑な回路図のように見えるかもしれない。上田五千石の〈渡り鳥みるみるわれの小さくなり〉が思い浮かんだ。(潔)

艸句会報:すみだ(令和2年11月25日)

すみだ句会(すみだ産業会館)
兼題「初時雨」

高点2句
母見舞ふ帰路のバス停夕しぐれ    福岡 弘子
寄り添へば傘一本で足る時雨     工藤 綾子

初しぐれ蕉庵跡の石蛙        岡戸 林風
冬の陽やステンドグラス修理終へ   川原 美春
吊橋の鋼千条冬の月         岡崎由美子
しつけ糸残る袂や七五三       福岡 弘子
エールを贈る十年日記買ふ夫に    工藤 綾子
菰巻の亀甲深き老の松        内藤和香子
語り合ふ日々の少なく群千鳥     山本  潔
懸崖菊百の蕾にある正気       髙橋 郁子
憂国忌余白ばかりの予定表      松本ゆうき
するすると林檎を剥きし亡夫の指   大浦 弘子
通なふりワイン解禁待ちどほし    三宅のり子
背の君と一合づつの温め酒      貝塚 光子

(清記順)

【一口鑑賞】吊橋の鋼千条冬の月」由美子さんの句。余計な説明はいらないだろう。上五と中七の措辞で近代の吊橋の形状を見事に言い留めている。どこの吊橋であるか、などどと尋ねるのは野暮というもの。読み手のそれぞれの記憶の中にある吊橋を思い浮かべればいい。寒々とした冬の夜空に浮かぶ月は寂しくもあり美しくもある。硬質な感じの吊橋と冬の月が絵になっている。詩人ならではの一句。
 「しつけ糸残る袂や七五三」福岡弘子さんの句もシンプルな表現の中に、情景が浮かぶ。嬉しそうな七五三の女の子とちょっと緊張した面持ちの若夫婦。よく見ていると女の子の着物の袂がなんだかおかしい。日頃から着物に慣れている作者には、しつけ糸が残っていることくらいはすぐに分かったのだろう。ちょっとした違和感を即座に詠んだ。
 「懸崖菊百の蕾にある正気」郁子さんの句。懸崖菊は、幹や茎が根の位置より低く、崖のように垂れ下がって咲く造形が美しい。そんな菊の今にも咲きそうな無数の蕾をじっと見つめている作者が感じ取ったものは「正気」。至って整然と咲こうとしている菊の意識みたいなものだろうか。対象をよく見ているうちに、ふと言葉を賜ったような一句。(潔)

艸句会報:かつしか(令和2年11月22日)

かつしか句会(亀有地区センター)
兼題「冬紅葉」

高点1句
背凭れに亡父の窪み秋深し      霜田美智子

コロナ禍の大地の渇き冬の蜂     山本  潔
越後路やダム湖染めゆく冬夕焼    佐治 彰子
鐘の音に旅の余韻や柿紅葉      笛木千恵子
衣食住不自由なくて冬ぬくし     三尾 宣子
分け入りて釣鐘堂の冬紅葉      伊藤 けい
届きさうで届かぬ柿のたわわなる   近藤 文子
冬紅葉巡礼寺に一揆の碑       千葉 静江
小鳥来る町のはずれの算盤塾     小野寺 翠
黄昏や焚るる前の菊匂ふ       中山 光代
山小屋の南京錠や冬もみじ      高橋美智子
迷走の果ての木枯湯畑に       新井 洋子
大店の閉ざす勤労感謝の日      新井 紀夫
嫁ぐ娘に我が家の秘伝菊日和     片岡このみ
雪化粧の蝦夷富士前に朝の膳     五十嵐愛子
靴底に弾ける木の実山下る      霜田美智子

(清記順)

【一口鑑賞】10月に発足したかつしか句会。新型コロナウイルスの第3波で感染が拡大するなか、欠席投句もあったが、12人が出席して有意義な句会となった。「背凭れに亡父の窪み秋深し」霜田美智子さんの句。7人が採り、うち2人は特選。この句は、父が愛用していた椅子の背もたれにある窪みがすべてを物語っている。ちょうど晩秋の頃に亡くなったのだろうか。父への思いと秋の深まりによる寂寥感が漂う。「越後路やダム湖染めゆく冬夕焼」彰子さんの句。一読して夕日に染まるダム湖の景がしっかり立ち上がる。冬の夕焼は束の間だが美しい。旅で見た景色は時間が経ってからでも心の中で熟成し、やがて一句になる。
 「冬紅葉巡礼寺に一揆の碑」静江さんは秩父を旅したときの一句。「一揆の碑」は1884年(明治17)に起きた秩父事件の記録が刻まれている。札所23番「音楽寺」に集結した農民たちは梵鐘を打ち鳴らしながら市内へ乱入。季節はちょうど初冬の頃。そんな史実も踏まえて兼題の「冬紅葉」を上手く詠んだ。「山小屋の南京錠や冬もみじ」高橋美智子さんの句も日常を離れ、旅先で見た景をしっかり詠んでいる。山小屋にかかる南京錠はがっちりしていて、長い間使われているのだろう。「冬紅葉」との取り合わせがうまくいった。(潔)

艸句会報:若草(令和2年11月14日)

若草句会(亀有 ギャラリー・バルコ)
兼題「栄」

高点1句
裸木の見栄を捨てたる佇まひ     市原 久義

季語はわが心の栄養冬に入る     岡戸 林風
しぐるるや二重螺旋の栄螺堂     山本  潔
枯蓮空の青さの限りなく       飯田 誠子
床暖にごろんと猫とミステリー    針谷 栄子
小春空保母の両手に手と手と手    新井 洋子
父母の月の命日返り花        沢渡  梢
盆栽に蓑虫のゐて貰はれ来      石田 政江
虫喰ひも佳きデザインの落葉かな   市原 久義
新海苔の潮の香りを炙りけり     坪井 信子
なんとなく年寄じみて冬に入る    松本ゆうき
出来栄は潮風まかせ掛大根      隣安
父仔二代無敗三冠菊日和       新井 紀夫
老い猫の大欠伸して小六月      吉﨑 陽子
一陽来復「艸」の弥栄願ふのみ    安住 正子

(清記順)

【一口鑑賞】裸木の見栄を捨てたる佇まひ」久義さんの句。すっかり葉が散った冬の木はまさに「裸木」。その姿に自分自身を重ね合わせている。作者は不慮の交通事故に遭ったが、奇跡的に助かった。不屈の精神でリハビリ生活を送りながら、俳句とも向き合っている。兼題の「栄」の文字をよみ込み、見栄を捨てて前向きに生きる自らの心情を詠んだ。
 「父母の月の命日返り花」梢さんの句。「返り花」は初冬のまだ穏やかな日和に誘われて、桜や躑躅などが季節外れの花をつけること。いつも両親の月命日を大事にしている作者にとって、この時期に咲く返り花は死者からの贈り物のように感じられるのかもしれない。梢さんの父親は30代で、母親は90代で亡くなられた。偶然にも月命日は同じ13日。どちらも金曜日だったそうだ。〈若き母父の日記にゐてぬくし〉は梢さんの句集『白い靴』から引いた。
 「盆栽に蓑虫のゐて貰はれ来」政江さんの句。知人からいただいた盆栽。よくよく眺めていると、蓑虫がぶら下がっているではないか。それだけのことなのだが、この句は盆栽ではなく、蓑虫が立派な主人公になっているところに愛嬌が感じられる。「老い猫の大欠伸して小六月」陽子さんの句。長年一緒に暮らしている猫だろうか。日の当たる縁側で昼寝をしていたと思ったら、何やら大きな欠伸をしている。これから散歩にでも出かけるところか。「小六月」は陰暦10月の異称。立冬を過ぎてからのまだ暖かいのどかなひととき。作者は富山県滑川市在住。(潔)

艸句会報:連雀(令和2年11月4日)

連雀句会(三鷹駅前コミュニティセンター)
兼題「記」

高点2句
身に入むや父の歳時記父の文字    春川 園子
禅寺の羅漢大笑神無月        坪井 信子

やがて吾も風となるべし冬の入り   坪井 信子
冬日射す堂宇に奉納千羽鶴      進藤 龍子
絵日記に嘘少しづつ冬近し      飯田 誠子
富士遠く鵯がひよ追ふ日和かな    向田 紀子
照紅葉忍び返しのある屋敷      春川 園子
会計原簿仔細に記さる文化の日    束田 央枝
冬ぬくし記文巧みのゆうきさん    安住 正子
大綿や記帳すませる喪の机      松成 英子
ガラス箱のやうなビル街銀杏散る   中島 節子
枇杷の花告知されたる死への生    横山 靖子
手記を読む拡大鏡や火の恋し     山本  潔
篁に風の寄りそふ秋燕忌       岡戸 林風

(清記順)

【一口鑑賞】身に入むや父の歳時記父の文字」園子さんの句。兼題「記」の句で人気を集めた。父親が使っていた歳時記を大事に保管している。久しぶりにページをめくって、メモ書きを見つけたのだろう。秋の気配の深まる中、懐かしい文字にじっと見入る作者の様子が目に浮かぶ。「冬日射す堂宇に奉納千羽鶴」龍子さんの句。句意は明快。一読してお堂の軒に飾られた千羽鶴の景が見えてくる。もちろん、コロナ禍終息への祈りを込めた千羽鶴に違いない。作者は90歳を過ぎてなお元気に、前を向いて句作りに励んでいる。
 「大綿や記帳すませる喪の机」英子さんの句。「大綿」はアブラムシ科の昆虫。体長2ミリ程度。白い綿状の分泌物をつけ、晩秋から冬にかけて宙を飛ぶ。雪虫、雪蛍、雪婆(ゆきばんば)などと呼ばれ、俳人には人気のある季語の一つ。この句は葬儀場が舞台。記帳を済ませたら、白い大綿が目の前をふと飛んでいったのだ。まるで死者の魂が漂うかのように。
 「篁に風の寄りそふ秋燕忌」林風さんの句。「秋燕忌」は角川書店創業者で俳人としても活躍した角川源義の忌日(10月27日)。〈篁に一水まぎる秋燕 源義〉にちなんでいる。それを踏まえて林風さんの句は詠まれた。こうした本歌取りは、和歌や連歌では意識的に行われる。この句は、南方へ旅立った燕の姿が想起されて切ない。(潔)

艸句会報:東陽(令和2年10月)

東陽通信句会

高点3句
秋天のどこに打たうか句読点    安住 正子
子規の忌やまだ言ふことをきく体  野村えつ子
山の日をつなぎ止めたるすがれ菊  新井 洋子

恙なき老いの幸せ新酒酌む     長澤 充子
母の歳越えて母恋ふ木の葉髪    野村えつ子
解体の家を明日に残る虫      岡戸 林風
上げ潮の川面を照らす月今宵    斎田 文子
教会の燈に人のゐる秋の雨     堤 やすこ
摩天楼より銀杏黄葉の点と線    中川 照子
美術の秋人の流れに迷ひなく    向田 紀子
秋の日の母の自画像われに似て   飯田 誠子
実むらさき細筆書きの母の文    山本  潔
一房の双手に余る葡萄狩り     貝塚 光子
大降りや鶏頭直に立ちをれり    岡崎由美子
ひらがなは母のぬくもり草の花   安住 正子
桐一葉身につまさるることの日々  中島 節子
熱燗や猫舌も座に加はりて     新井 洋子
後悔はじわりじんわり秋時雨    松本ゆうき

(清記順)

【一口鑑賞】恙なき老いの幸せ新酒酌む」充子さんの句。世界は新型コロナウイルスの流行という不測の事態に見舞われているが、恙なくまた一つ歳を重ねた作者。新酒を酌みながら、健康でいることが何よりの幸せだという実感を素直に詠んだ。「教会の燈に人のゐる秋の雨」やすこさんの句。この秋は天候不順で、特に前半は雨が多かった。春先からのコロナ禍も収束せず、教会で祈りを捧げる人もいるのだろう。秋雨の降る寂しい日、明かりの灯る教会の窓にふと人の姿を見たのか、作者自身も教会の中にいるのか。燈の下にいる人の姿に何だかホッとさせられる。
 「ひらがなは母のぬくもり草の花」正子さんの句。日本人の多くは、ひらがなは柔らかくて親しみやすいと思っているだろう。それを「母のぬくもり」と言い留めたところが作者らしい。「草の花」は秋に咲くいろいろな花。春や夏の花に比べると、地味で可憐なものが多いが、秋の深まりとともに郷愁を誘う。ひらがなを教えてくれたお母さんのように。(潔)

艸句会報:すみだ(令和2年10月28日)

すみだ句会(すみだ産業会館)
兼題「鹿」

高点2句
眼つむりて神鹿角を伐られをり    工藤 綾子
廃線の鉄路消え行く薄原       福岡 弘子

霜降や更地となりし父母の家     岡戸 林風
「鹿狩りに行っています」とジビエ店 貝塚 光子
現世の風ほろ苦く菊膾        内藤和香子
留袖は母の仕立てや菊日和      福岡 弘子
木の実落ついつもの家のいつもの木  岡崎由美子
薄紅葉ほのかに甘き京和菓子     長澤 充子
秋草や堤防渡る牛の列        並木 幸子
久に逢ふ子にも白髪の秋思かな    工藤 綾子
虫の音や脳トレ本をまた開き     川原 美春
鄙歌の聞こえてきさう稲穂波     大浦 弘子
南瓜切る手の緊張をほぐしつつ    桑原さかえ
竹林の風和ぐ夜や鹿の声       山本  潔
身に沁むや足より弱る老の相(さが) 髙橋 郁子
秋寂ぶやテレビの音を消してより   三宅のり子

(清記順)

【一口鑑賞】「眼つむりて神鹿角を伐られをり」綾子さんの句。鹿の角切は奈良の風物詩の一つ。春日大社の神事で寛文年間から行われてきた。発情期の牡鹿の角を切り落としてやることで、鹿同士で争ったり、観光客に危害が加えられたりするのを防ぐ。この句は、まさに「眼つむりて」に眼目がある。共存のためとはいえ、角を切られる鹿への作者の慈しみが感じられる。今年はコロナ禍の影響で行事は中止になった。「留袖は母の仕立てや菊日和」福岡さんの句。「菊日和」は菊の花が盛りを迎えている頃の澄み渡った秋の日。母親が仕立ててくれた留袖を着て、一緒に菊花展を見に行ったことを思い出しているのかもしれない。
鄙歌の聞こえてきさう稲穂波」大浦さんの句。さりげない句だが、鄙歌がいい。田舎で歌い継がれている素朴な歌。黄金色に輝く稲穂が風に揺れる景は郷愁を誘う。読み手にも昔、口ずさんだ歌が聞こえてきそう。「南瓜切る手の緊張をほぐしつつ」さかえさんの句。南瓜は硬くて切るのが苦手な人もいるだろう。特にヘタのところは硬く、包丁を握る手に緊張が走る。いろいろとコツはあるらしいが、まずは手の緊張をほぐす作者。上手に切れたかな。(潔)
プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
460位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
19位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR