FC2ブログ

艸句会報:すみだ(令和2年3月25日)

すみだ句会(すみだ産業会館)
兼題「浅蜊」

高点1句
薔薇の芽や心折れたる日も赤し    岡崎由美子

思ふこと叶はぬ今日の牡丹雪     岡戸 林風
薔薇芽立つ三階建てのベーカリー   髙橋 郁子
春の蝶ひらがなあそびして去りぬ   工藤 綾子
葱坊主山から猿の来る頃か      福岡 弘子
日替りの理屈をこねる日永かな    松本ゆうき
亡き父の墓前にタバコ椿散る     桑原さかえ
さりげなくフラダンスして潮干狩   大浦 弘子
春の服着て蝶になる女の子      岡崎由美子
幼馴染みのをみなと選ぶ春の服    貝塚 光子
「深川めし」の暖簾分け入る花の昼  長澤 充子
貝寄風や見へぬものほど恐ろしき   山本  潔

(清記順)

一口鑑賞】「薔薇の芽や心折れたる日も赤し」由美子さんの句。この春は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)により、外出もままならない状況になってしまった。句会をしようにも公共施設が閉館となり、イベントや集会も自粛ムードが広がった。そんな間隙を縫って開かれた句会で共感を得たのがこの一句。「心折れたる日」という措辞が現況をうまく言い表している。炎のように赤い薔薇の芽との対比も絶妙だ。「葱坊主山から猿の来る頃か」弘子さんの句。葱の花が咲くころは春も深まり、山里も精気に満ちている。ならば猿も餌を求めてやってくるだろう。コロナ禍の中にあってもユーモラスな気持ちを忘れないことが大事だと思わせてくれる一句。(潔)

艸句会報:すみだ(令和2年2月26日)

すみだ句会(すみだ産業会館)
兼題「余寒」「冴返る」

高点2句
生きるとは繰り返すこと地虫出づ   髙橋 郁子
回廊の長き余寒を踏みにけり     髙橋 郁子

飼ひ猫の廊下を駆くるだけの恋    岡崎由美子
城登るマスクの列の忍者めく     貝塚 光子
灯台の光に踊る波の花        大浦 弘子
ゲームにも倦み春愁の眼鏡拭く    岡戸 林風
捨て畑やペンペン草のはびこれり   髙橋 郁子
ウイルスに怯(おび)える日本冴返る 福岡 弘子
いつまでも老いない雛や何を待つ   松本ゆうき
春光の巨木万枝を包みをり      工藤 綾子
満面の笑み返す嬰春うらら      桑原さかえ
本堂へ軋む廻廊冴返る        長澤 充子

(清記順)

一口鑑賞】「回廊の長き余寒を踏みにけり」郁子さんの句。早春の頃に大寺や城を訪れたことのある人なら、その寒さは分かるだろう。しんしんと冷える真冬の寒さとは異なるが、寒明け後の「残る寒さ」も決して侮れない。掲出句はそんな感覚を「余寒を踏みにけり」で体感的に巧みに表現している。「飼ひ猫の廊下を駆くるだけの恋」由美子さんの句。恋猫がいろいろ格闘している様子を詠んだ句は多いが、「廊下を駆くるだけの恋」という把握が上手い。時代が変われば猫も変わる。飼猫に対する作者の慈愛が感じられる。「ゲームにも倦み春愁の眼鏡拭く」林風さんの句。掴みどころのない愁いが「春愁」。作者のもてあましたゲームとは一体何だろう。新型コロナウィルス騒動が拡大する中、「眼鏡吹く」にうんざりした感じがよく表れている。(潔)

艸句会報:東陽(令和2年2月22日)

東陽句会(江東区産業会館)
席題「水温む」「白」

高点1句
表具屋の古き玻璃戸や春一番      岡崎由美子

しやぼん玉吹くたび母の顔を見て    堤 やすこ
宝前の鏝絵の白狐冴返る        岡戸 林風
青鮫忌黄犬忌国は大丈夫か       山本  潔
遠雪嶺生き方ひとつ貫いて       飯田 誠子
野辺に出で土ふかふかと水温む     貝塚 光子
鳥雲に少年のごと腹の鳴る       松本ゆうき
よちよちの転び上手や下萌ゆる     野村えつ子
脚色をすこし加へて春の夢       岡崎由美子
和紙漉きの手元素早し水温む      長澤 充子
東風なれや押し戻さるるビルの間    斎田 文子
霊園に番地のありて梅日和       向田 紀子
山の子も都会で老いて花粉症      安住 正子
堤防は恋の通ひ路島の猫        新井 洋子

(清記順)

一口鑑賞】「表具屋の古き玻璃戸や春一番」由美子さんの句。表具屋は掛物や巻物、書画帖、屏風、襖などの専門店。平安か鎌倉の頃に中国から伝来した技術に由来するが、近年は後継者不足に陥っている。この日は、関東地方に春一番が吹いた。作者は、根津界隈を歩いた際に見かけた表具屋を思い浮かべながら、早速、一句に仕立てた。「古き玻璃戸」に懐かしさが込められている。「和紙漉きの手元素早し水温む」充子さんの句。旅先で見た和紙漉きの光景を思い出しながら詠んだ。職人の「手元」に焦点を絞ったことでうまくまとまっている。和紙の起源については諸説あり、①日本で自然に紙漉きが始まった ②渡来人がもたらした−の二つに大別される。400年頃には公権力によって紙による記録が始まったことが「日本書紀」に記されているという。(潔)

艸句会報:若草(令和2年2月8日)

若草句会(俳句文学館)
兼題「若草」、席題「二」

高点2句
春めきて活字にも棲む睡魔かな     飯田 誠子
逝く人の多き二月の鯨幕        沢渡  梢

俎板に春のリズムの厨事        新井 洋子
花びら餅懐紙に透ける余生かな     飯田 誠子
百蕾の枝のはざまの春動く       岡戸 林風
福豆をネイルアートの掌が抛る     市原 久義
ふるさとは二月の雪のなかりしと    安住 正子
神鹿の鼻のしめりや若草野       針谷 栄子
若草や学びたきこと多々あれど     小泉 裕子
ものの芽のほぐるる栗鼠園の小道    坪井 信子
若草を踏む厚底のスニーカー      沢渡  梢
言ふなれば昭和二桁牡丹の芽      山本  潔
春の雲西に東にややややに       松本ゆうき

(清記順)

【一口鑑賞】逝く人の多き二月の鯨幕」梢さんの句。この日は親戚のお葬式で句会に来られない人が複数いたこともあり、句会前の雑談で「なぜか二月は逝く人が多い」「まだ風が冷たくて、寒さがこたえるからではないか」という話になった。作者はそんな会話に耳を傾けながら、席題「二」の句に仕立てた。「鯨幕」という即物描写が効いている。「神鹿の鼻のしめりや若草野」栄子さんの句。「神鹿」は神の使い。この句は「鼻のしめり」以外に具体的なことは何も言っていないが、草を食む鹿の鼻に葉が付いている様子が目に浮かぶ。作者はそこに「鼻のしめり」を見たのだろう。「春の雲西に東にややややに」ゆうきさんの句。「ややややに」は「だんだんに」「どこまでも」という意味の古語。「春の雲が東西に細長く不思議な形に伸びている様子を詠んだ」という。「やややや」。春の空にはそんな形の雲が浮かんでいる。(潔)

艸句会報:連雀(令和2年2月5日)

連雀句会(三鷹駅前コミュニティセンター)
兼題「早春」

高点2句
春燈ひとりの紅茶さめやすし      加藤 弥子
臘梅の色を忘れしほど香り       坪井 信子

ポインセチア残る若さに乾杯す     加藤 弥子
令和二年二月二二日風生忌       束田 央枝
天金の聖書ようすき春埃        進藤 龍子
春光や干されし魚網より雫       岡崎由美子
脚舐めて神の園生の孕み猫       向田 紀子
春あけぼの夢に出てくる悪いやつ    松本ゆうき
梅白し声にしてみる方丈記       横山 靖子
春の運河ふはりふんはり舫ひ舟     飯田 誠子
手折られて一句となりぬ猫柳      坪井 信子
ばらばらにして蟹を売る多喜二の忌   松成 英子

(清記順)

一口鑑賞】「春燈ひとりの紅茶さめやすし」弥子さんの句。春燈の下、ひとりでいると紅茶の冷めるのが何と早いことだろう。家族や友達とお喋りをしながら飲む紅茶なら、冷めてもさほど気にならないが、ひとりで飲む紅茶は「さめやすし」と感じたのだ。作者は卒寿を過ぎてなお俳句への意欲に満ち溢れている。「ひとりの紅茶」という措辞に実感がこもる。「令和二年二月二二日風生忌」央枝さんの句。今年は「2020年」「令和2年」ということもあり、2月のカレンダーは「2」という数字がやたらと目につく。2月22日は風生忌。富安風生は「艸」の師系の源流であり、それをすかさず句にした作者の柔軟性に脱帽する。風生は高浜虚子に師事。逓信省に勤めながら俳誌「若葉」を主宰。東京・池袋にあった自宅を「艸魚洞」と呼んだ。(潔)

艸句会報:船橋(令和2年1月29日)

船橋句会(船橋市勤労市民センター)

高点2句
蜜を吸ふ鳥の重さの四温かな      針谷 栄子
橋桁に稚貝鎧へる春隣         岡戸 林風

長寿橋渡る確かな恵方道        岡戸 林風
春立つや産休の娘の二重あご      川原 美春
悴みてこんがらがるや刺繍糸      並木 幸子
荒庭に水仙鉢を置いてみる       飯塚 とよ
蕎麦掻や本音洩らさぬ夫であり     岡崎由美子
煮魚のはら子の白さ雪催        針谷 栄子
外来の貝の話をして睦月        山本  潔

(清記順)

【一口鑑賞】荒庭に水仙鉢を置いてみる」とよさんの句。手入れをしないまま荒れてしまった庭。そこに水仙鉢を置いたら、どうなったのだろう?思いの外、洒落れた景になったのかもしれない。香り高く、みずみずしい水仙の存在感はなかなかのものだ。この句は「荒庭」と「水仙鉢」が響き合って読み手を想像の世界に引き込む。「悴みてこんがらがるや刺繍糸」幸子さんの句。寒い日に刺繍をしているうちに、糸がもつれて絡まりあってしまったのだ。ほぐそうにも手が悴んでうまくいかない。日常のささいな出来事も俳句になる。「春立つや産休の娘の二重あご」美春さんの句。「俳句は日記」と言われる。この句は、出産を控えた娘さんのことを書きとめた。「二重あご」に焦点を当てて何とも健康的だ。栄養をつけて元気な赤ちゃんを産んでほしいという願いが込められているのだろう。立春の喜びもほのぼのと伝わってくる。(潔)

艸句会報:東陽(令和2年1月25日)

東陽句会(江東区産業会館)
席題「探梅」「展」

高点2句
車掌だけ乗り降りをして枯野駅     野村えつ子
吟行の今日の幹事は雪女        新井 洋子

冴返る金の細工の指輪立        堤 やすこ
白壁に枯蔦展ばす線描画        岡戸 林風
珈琲の湯気立ち揺らぐ雪催       長澤 充子
探梅や切通しぬけ海展け        野村えつ子
今頃は春節ならむ遠千鳥        中川 照子
磨かれし寄木造りの床寒し       飯田 誠子
新しく垣設へて梅の園         斎田 文子
先頭の車窓に展け初景色        新井 洋子
葉牡丹や古き地球の展開図       山本  潔
初天神傘寿に小さき鷽守        貝塚 光子
咳けば風邪かとそつぽ向きし夫     安住 正子

(清記順)

【一口鑑賞】吟行の今日の幹事は雪女」洋子さんの句。下五の「雪女」が人気を集めた。雪国の伝説に登場するお化けで、道に迷った男を虜にし、凍え死にさせてしまう怖い存在だ。「雪の精」「雪女郎」「雪の鬼」などとも言う。この句では、何と吟行の幹事さんを「雪女」にしてしまったところにユーモアがある。幻想的な季語を日常の中に取り込んだ作者も雪女だったりして…。「初天神傘寿に小さき鷽守」光子さんの句。句会当日はまさに「初天神」。全国各地の天満宮の新年最初の縁日で、東京の亀戸天神では前日から鷽替の神事が行われる。下町に住む作者は、この日がちょうど80歳の誕生日でもあり、鷽鳥を模したお守りを替えてきた。「小さき鷽守」に傘寿を迎えた感慨と長寿へのささやかな願いが込められている。(潔)

艸句会報:すみだ(令和2年1月22日)

すみだ句会(すみだ産業会館)
兼題「寒」一切

高点2句
今生きることに生きると氷柱伸ぶ   工藤 綾子
あかときの殊に呼び合ふ寒鴉     山本  潔

久女忌の文を焼きたる火の青き    山本  潔
日溜りや川原に弾む寒鴉       長澤 充子
八十路なる命の重さごまめ嚙む    髙橋 郁子
大寒や鉢をはみだす五葉松      福岡 弘子
大きめの焼芋選び掌につつむ     桑原さかえ
夢一つ叶ふが夢よ明の春       工藤 綾子
リハビリの散歩に夫と冬日向     貝塚 光子
冬銀河小さき吾にできること     松本ゆうき
蒼穹と大地のあはひ冬木の芽     岡戸 林風
年末の帰省みやげに「艸」も入れ   大浦 弘子

(清記順)

【一口鑑賞】今生きることに生きると氷柱伸ぶ」綾子さんの句。雪国では氷柱が軒下の地面に届くくらいに伸びているのは珍しくない。根本の太さとは対照的に、先端が細く尖っている様子は恐ろしささえ感じる。関東では日光や秩父などで氷柱が観光スポットになっているところもある。今年は暖冬でなかなか氷柱が育たないらしい。この句は「生きることに生きる」という措辞によって、氷柱の伸びていく様子と自らの生への執着を重ね合わせた。「蒼穹と大地のあはひ冬木の芽」林風さんの句。よく晴れた日の冬木の芽はまさにこんな感じだ。落葉樹の枝に芽が膨らんでいるのを見るとホッとする。この句は、動詞はもちろんのこと、余計な言葉を使わず、「あはい(間)」によって冬芽と天地の関係を巧みに描写した。(潔)

艸句会報:若草(令和2年1月11日)

若草句会(俳句文学館)
兼題「寒卵」、席題「久」

高点2句
一陽来復創刊号の届きたる       市原 久義
敷き藁に残る温もり寒卵        市原 久義

火の落ちし七輪午後の初社       市原 久義
久闊を叙して友との初句会       岡戸 林風
空にまだ昭和の絵柄いかのぼり     山本  潔
冴え冴えと草間彌生の絵の狂気     新井 洋子
久義さんの元気が嬉し初句会      安住 正子
今日は今日の暁の色寒卵        針谷 栄子
湯治宿すぐに完売寒卵         飯田 誠子
冬茜象亡きあとの象舎にも       坪井 信子
浮世絵は影のなき世や三が日      羽生 隣安
寒卵病の床の父の膳          沢渡  梢

(清記順)

一口鑑賞一陽来復創刊号の届きたる」久義さんの句。「俳句は滑稽なり。俳句は挨拶なり。俳句は即興なり」(山本健吉)と言われる。この句は「艸」創刊号がちょうど冬至の日に届いた喜びを即興でシンプルに詠み、優れた挨拶句になっている。上五の「一陽来復」は「冬至」の言い換え季語。冬の真ん中から春への転換点であり、衰えた太陽がこの日から復活に転じる。作者は2年前の春に不慮の交通事故に遭い、今もリハビリに励む日々を過ごしているが、この日は一念発起して句会に出席した。「一陽来復」に自身の回復への強い思いも重ね合わさっている。「浮世絵は影のなき世や三が日」隣安さんの句。誰もが見ているものに新たな気付きを与えることも俳句の楽しみの一つ。言われてみれば、確かに浮世絵には影がない。「三が日」はお正月気分が続き、日常の雑事から解放される。いわば一年の中では最も影の少ない時間かもしれない。そう考えると、この句は浮世絵と季語の取り合わせも効果的だ。(潔)

艸句会報:連雀(令和2年1月8日)

連雀句会(三鷹駅前コミュニティセンター)
兼題「酒」

高点2句
子年なり知つてゐるかい嫁が君     松成 英子
雷神像の逆立つ髪や寒旱        進藤 龍子

この齢重ね来て謝す去年今年      横山 靖子
一病はあれど息災七日粥        進藤 龍子
読初は母の謡の和綴じ本        飯田 誠子
酒酔ひの本音大声春隣         束田 央枝
「山本」てふ年酒の味よ「艸」船出   石田 政江
元朝や下戸と言へども二・三献     中島 節子
厄年を無縁と生きて初詣        向田 紀子
ゆつくりと野良猫のゆく雪催      松成 英子
紅型は沖縄の華はつ暦         松本ゆうき
医通ひの朝の裏道実千両        坪井 信子
初旅の車窓きらめきカップ酒      岡崎由美子

(清記順)

一口鑑賞子年なり知つてゐるかい嫁が君」英子さんの句。今年は子年。十二支の最初で、新しいサイクルの始まりである。「鼠算」の連想から子孫繁栄の象徴だ。当のネズミはそんなことを知る由もないが、作者は「知つてゐるかい」と優しく呼びかけている。普段は厄介者のネズミも正月三が日は「嫁が君」と呼ばれ、大切に扱われる。それを踏まえた何とも微笑ましい一句。「医通ひの朝の裏道実千両」信子さんの句。定期的に通う病院へのルートはいつも裏道なのだろう。なぜなら、そこには季節ごとに楽しめる句材がいろいろあるからだ。今は、濃い緑の葉の上に千両の紅い実がたくさん付いている。日常の中の季語を大切にしている作者ならではの一句。(潔)
プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
570位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
21位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR