FC2ブログ

艸句会報:すみだ(令和2年6月)

すみだ通信句会

高点2句
人を恋ひ旅恋ふままに梅雨入りかな   岡崎由美子
梅花藻のゆらめきをぬふ魚の影     岡戸 林風

青梅雨や河童ゐさうな川の色      貝塚 光子
ジョギングの折り返し点雲の峰     福岡 弘子
鮎見えて焦るばかりや竿重し      工藤 綾子
父の日の豆をポリポリ齧る父      山本  潔
不器用な父と息子に父の日来      岡崎由美子
桑の実を食みし古里遠き空       桑原さかえ
コロナ禍や老いてなほかつアロハシャツ 松本ゆうき
ままならぬ憂き世に暮し心太      髙橋 郁子
晩年の一喜一憂花いばら        岡戸 林風
人生の余白にエール濃紫陽花      長澤 充子
武蔵野の影を纏ひて桜桃忌       大浦 弘子

(清記順)

【一口鑑賞】梅花藻のゆらめきをぬふ魚の影」林風さんの句。「梅花藻(ばいかも)」は6月から9月ごろにかけて山地や河原、池沼に自生する。水藻類の花を総称して「藻の花」と呼び、仲夏の季語。梅花藻は白い可憐な花をつける。作者は、繁茂する藻の微かな揺れに魚の影を追っているのである。写生句でありながら、中七の「ゆらめきをぬふ」という措辞から詩情が湧いてくる。「桑の実を食みし古里遠き空」さかえさんの句。子どもの頃の懐かしい思い出。養蚕が盛んだった時代、ふるさとの家の周りには桑畑がたくさんあった。赤い実が成り、熟すと紫色になる。北関東ではこれを「どどめ」と呼んだ。食べると唇が「どどめ色」に染まるので、すぐ親にばれた。「ままならぬ憂き世に暮し心太」郁子さんの句。今だからコロナ禍を意識して詠まれた句だろう。そうでなくても、災害の多かった平成や、原爆を経験した昭和を思い返しても、「ままならぬ憂き世」と言われれば誰でも納得する。そんな重い気持ちを「心太」によって軽く言い止めたところが上手い。(潔)

艸句会報:連雀(令和2年6月)

連雀通信句会

高点2句
夜毎来る守宮と話す厨窓       安住 正子
豆飯やお裾分けとは佳きことば    坪井 信子

馬術部のフェンス覆へる葛若葉    向田 紀子
若葉光古墳八基をつつむ杜      横山 靖子
沙緻の忌の朝の空や柚子の花     山本  潔
遠富士を望む屋上梅雨晴間      松成 英子
またたきは烏賊釣船か沖望む     安住 正子
竹そよぐ音の涼しき杜の朝      飯田 誠子
くず餅のつるりと愚痴を飲み込めり  吉﨑 陽子
山法師の白さに和む杖ついて     春川 園子
シャワー浴ぶ欲望もはや願望に    中島 節子
葉柳の影追ふ風の遊びかな      坪井 信子
鉛筆を削れば木の香四葩咲く     進藤 龍子
栴檀の花大らかに息安らかに     束田 央枝
しつかりと小さき双手のラムネ瓶   岡崎由美子
夏つばめ灯台に胸みせにくる     矢野くにこ

(清記順)

【一口鑑賞】夜毎来る守宮と話す厨窓」正子さんの句。守宮は体長10センチほどの爬虫類。夜行性で、灯に集まる虫を捕食するためやってくる。窓ガラスに指の吸盤がピタリと張り付いているのを見ると、一瞬どきっとするが、その名の通り「家を守ってくれている」と思えば、さほど怖いものでもない。作者はいつも、守宮にやさしく語りかけているのだろう。「豆飯やお裾分けとは佳きことば」信子さんの句。「裾分け」を広辞苑で引くと、「もらいものの余分を分配すること。また、利益の一部を分配すること」とある。意外と味気ない説明だが、作者が「佳きことば」と言う背景には、ご近所との日頃の良好な関係があるからではないか。お裾分けでいただくお菓子や果物などは嬉しいものだ。「豆ご飯をたくさん作り過ぎちゃって。良かったら召し上がって」。決して押し付けがましくないところがいい。
 「くず餅のつるりと愚痴を飲み込めり」陽子さんの句。気心の知れた友達との楽しい会話。愚痴もいろいろ出てくる。話に夢中になって、お茶受けの葛餅を食べていないことに気づいたのだろう。口に入れた途端に愚痴とともに喉元を通り過ぎたのである。「くず」「ぐち」の語幹が妙に響き合う。俳味のある一句。「鉛筆を削れば木の香四葩咲く」龍子さんの句。デジタルの世の中になり、鉛筆を使う機会がめっきり減った。もはや鉛筆を削ったことのない若者も多いに違いない。作者は90代。今も鉛筆をこよなく愛し、日常的に使っているのだろう。鉛筆を削る手元の映像とともに、木の香りが立ち上がってくる。窓の外の紫陽花もホッとさせてくれる。(潔)

艸句会報:若草(令和2年6月13日)

若草句会(亀有 ギャラリー・バルコ)
兼題「植田」

高点3句
火の国の水をゆたかに植田かな    岡戸 林風
水槽の海月のワルツ無伴奏      飯田 誠子
月を狩る射程の位置に蜘蛛の網    針谷 栄子

梅雨に入る神社の中の洋菓子店    沢渡  梢
成田線窓一杯の植田かな       新井 紀夫
竹林の腐草螢となる闇夜       山本  潔
大南風妻の言葉に逆らはず      岡戸 林風
大西日太宰の墓地に及びけり     坪井 信子
ほうたるの骸は闇の色となる     針谷 栄子
世の中を知るか知らぬか梅実る    石田 政江
青梅雨や会釈を交はすビニール傘   市原 久義
明易や起きて原稿直す日々      松本ゆうき
筑波嶺を映し植田のしじら波     安住 正子
藍の濃き老舗の家紋麻暖簾      飯田 誠子
有線のつなぐ一村植田澄む      新井 洋子

(清記順)

一口鑑賞】コロナ禍で中止していた句会が復活した。いつもの会議室はまだ使用できないものの、同人の御好意を得て会場を確保することができた。欠席投句(5人)も多かったが、出席者はお互いの無事を喜びながら、和やかな句会となった。
月を狩る射程の位置に蜘蛛の網」栄子さんの句。いつの間にか庭に張った蜘蛛の巣。ふと見れば、その先の空に月があり、まるで「射程の位置」に入ったように見えたのだ。咄嗟にそれを「月を狩る」と叙したのだろう。ユーモラスな一句。「梅雨に入る神社の中の洋菓子店」梢さんの句。句会場は漫画「こち亀」で有名になったJ R常磐線の亀有駅から徒歩3分の画廊。そばに鎮守の亀有香取神社がある。句会前に吟行した作者は、境内にあるケーキ屋さんに気付き、挨拶句として詠んだ。神社と洋菓子店のミスマッチが面白い。若い神主さんのアイデアで、同じ葛飾区内の人気店を誘致したところ話題を呼び、神社の参拝者も増えているという。
 「成田線窓一杯の植田かな」紀夫さんの句。成田線は千葉県内を走行する路線。亀有の10駅先の我孫子から成田線支線となる。この句は、田植え直後の田園地帯を走る車両で詠んだ景。見渡す限りの植田がまさに窓一杯に広がっていたのである。「有線のつなぐ一村植田澄む」洋子さんの句。農村は有線放送電話で結ばれており、地域に密着した情報がスピーカーから流れる仕組みになっている。近年はきめ細かい災害情報へのニーズも高まっているという。この句は、農村地帯の実情に視点を置いて詠んだ。(潔)

艸句会報:すみだ(令和2年5月)

すみだ通信句会

高点2句
夏めくや電動ミシン軽やかに     長澤 充子
人の世のストレス知らず春の鴨    福岡 弘子

大型犬の鼻先風の小判草       岡崎由美子
何時もより熱き湯加減菖蒲風呂    貝塚 光子
緑さす庭をしばしの憩ひとも     岡戸 林風
新樹光玻璃に透けゐるレストラン   長澤 充子
百歳を待たで叔母逝く卯月かな    桑原さかえ
母の日のおやつ代はりの焼むすび   山本  潔
とりあへず新玉葱に生ハムを     工藤 綾子
濃淡の緑とけ込む運河かな      福岡 弘子
更衣母の形見をまた仕舞ふ      大浦 弘子
尺蠖や遊具の縛りいつほぐる     髙橋 郁子

(清記順)

【一口鑑賞】夏めくや電動ミシン軽やかに」充子さんの句。木々や街ゆく人々の姿がいよいよ夏らしくなってきたなと思った途端に、電動ミシンも軽やかに感じられたのである。器用な人だから、手作りのマスクでも縫っていたのかもしれない。コロナ禍で春先から憂鬱な日々を送ってきたが、夏がきて状況が良くなってほしい。そんな気持ちをミシンに即して詠んだ。「人の世のストレス知らず春の鴨」福岡さんの句はコロナ禍で晴れない気持ちを「春の鴨」とうまく対比させている。鴨の姿がのんびりして見えれば見えるほど、人間のストレスの大きさが浮き彫りになる。
 「何時もより熱き湯加減菖蒲風呂」光子さんの句。菖蒲湯について今更解説するまでもないが、熱めの湯加減にすることで香りも立ち、湯上りの気分もしゃきっとするから不思議だ。この句は余計なことは何も言わず、湯加減のことだけをシンプルに詠んだ。「更衣母の形見をまた仕舞ふ」大浦さんの句。母の形見を大事に活用している作者。更衣のたびに感謝の念を忘れない。(潔)

艸句会報:東陽(令和2年5月)

東陽通信句会

高点2句
窓若葉バジルたつぷりスパゲティー  堤 やすこ
青蔦や窓を洩れくる受難曲      野村えつ子

日を浴びて歩かむ栃の花盛り     貝塚 光子
薬屋の目立つ町なり夕薄暑      堤 やすこ
夏風邪や不要不急の本でよし     松本ゆうき
傘雨忌や耳に届かぬ祭笛       岡戸 林風
薔薇の夜の舌にころがすブランデー  長澤 充子
ちちははの産土とほし藷焼酎     岡崎由美子
皮脱ぎし竹に無限の空ありぬ     野村えつ子
エプロンの父子合作の冷索麺     中川 照子
水のなき川に嵩増す夏落葉      山本  潔
青田波ペダル立ち漕ぐ下校の子    新井 洋子
槻の空真青なりけり夏来る      安住 正子
瞬きの間に緑濃くなりぬ       斎田 文子
鴨足草の花もつれ合ふ路地に風    飯田 誠子

(清記順)

【一口鑑賞】窓若葉バジルたつぷりスパゲティー」やすこさんの句。「窓若葉」はベランダで育てている植物の若葉だろうか。それを眺めながらの食事のひととき。「バジルたつぷり」だから、ジェノベーゼかな。松の実やニンニクなどとオリーブオイルを混ぜた緑色のソースが目にも優しい。「青蔦や窓を洩れくる受難曲」えつ子さんの句。ミッションスクールや教会、あるいは洋風のおしゃれなカフェの外観を想像させる。窓の下で足を止めた作者に聴こえてきたのは、イエスの苦難を追想する受難曲。バッハの「ヨハネ受難曲」や「マタイ受難曲」が有名だ。この句にはコロナ禍の終息を願う気持ちも込められているのではないか。
傘雨忌や耳に届かぬ祭笛」林風さんの句。「傘雨忌」は5月6日。大正から昭和にかけて小説家、劇作家、俳人として活躍した久保田万太郎の忌日。祭笛が聴こえてこないのはコロナ禍でさまざまなイベントが中止になっているからだろう。浮かぬ気持ちを「傘雨忌」に重ね合わせた。万太郎の<神田川祭りの中をながれけり>を踏まえている。「瞬きの間に緑濃くなりぬ」文子さんの句。夏の木々は艶やかな葉を吹き出し、色合いを変えていく。その変化は「若葉」「青葉」「新緑」などの季語によって表される。濃淡さまざまな緑が深まったのが「万緑」。作者にとってはまさに「瞬きの間」に緑が濃くなったように感じられたのである。(潔)

艸句会報:連雀(令和2年5月)

連雀通信句会

高点3句
沙緻の忌の卓に新茶と新刊書      岡崎由美子
休校の校庭広し四月尽         岡崎由美子
足弱になれども歩く若葉道       春川 園子

母の日や母と呼ばれて六十年      吉﨑 陽子
草ぐさの葉先にしづく春時雨      春川 園子
三密は避けやうもなく蝌蚪の池     安住 正子
星一つうなされており百閒忌      山本  潔
春暁の山鳩鳴くに目覚めけり      横山 靖子
竜天に息の乱れは気の乱れ       坪井 信子
五十年共にくらして古茶新茶      松成 英子
「もういいかい」コロナに聞かん聖五月 松本ゆうき
なんとなく開けてみてゐる冷蔵庫    進藤 龍子
満開のつつじ色濃く疲れけり      飯田 誠子
干菓子食む音やひとりの春の昼     中島 節子
たゆみなき流れにカラー白格む     束田 央枝
青芝や不意に始まる鬼ごつこ      岡崎由美子
終活は口先ばかり心太         向田 紀子

(清記順)

【一口鑑賞】沙緻の忌の卓に新茶と新刊書」由美子さんの句。コロナ禍で政府の緊急事態宣言が発令されるなど落ち着かない日々が続いている。そんな中にあっても先師の忌(5月1日)を大事にしている作者。<胸に抱く青きセロリと新刊書 舘岡沙緻>を踏まえつつ、「新刊書」は私の第一句集『艸』への挨拶にもなっている。ありがたい一句。「休校の校庭広し四月尽」も由美子さんの句。学校も休校のまま四月が終わった。本来なら子供たちの声で賑やかなはずの校庭が静まり返り、妙に広く感じられたのだ。写生の目でコロナ禍の日常を捉えている。
足弱になれども歩く若葉道」園子さんの句。大怪我をして歩くのもやっとという日々を過ごしている。それでも弱音ばかりを吐いてはいられない。リハビリを兼ねた散歩を欠かさない作者。どんなにか若葉に励まされていることか。「たゆみなき流れにカラー白格む」央枝さんの句。「カラー」は「和蘭海芋(おらんだかいう)の俗称。初夏の頃、水芭蕉に似た白いラッパのような苞葉をつける。水のきれいなところに咲くカラーはまさに「白格(きわ)む」感じ。東京・国分寺のお鷹の道に沿う用水は環境省の名水百選にも選ばれているが、ここで見たカラーを思い出した。(潔)

艸句会報:若草(令和2年5月)

若草通信句会
兼題「立夏、夏に入る」

高点2句
折れさうな日々を明るく矢車草    山本  潔
炒飯の音の弾ける立夏かな      飯田 誠子

花生けに水なみなみと立夏かな    飯田 誠子
万緑や生きてゐるのは素晴らしい   松本ゆうき
道端に咲くかたばみの気迫かな    市原 久義
柚の花や日々の暮しの中の幸     針谷 栄子
寂しがり屋の沙緻句碑の空青嵐    石田 政江
ラジオからラジオ体操姫辛夷     山本  潔
貼り変はる駅のポスター夏を呼ぶ   安住 正子
若葉して人のぬくもり恋ふばかり   沢渡  梢
泡が泡生む初夏のコカコーラ     坪井 信子
酸っぱさはこうでなくっちゃ夏蜜柑  新井 洋子

(清記順)

【一口鑑賞】炒飯の音の弾ける立夏かな」誠子さんの句。炒飯は家庭料理としてもポピュラーなメニュー。残りご飯と卵だけでもさっと炒めて美味しく食べられる。焼豚やエビ、カニなどがあれば上等だ。立夏の日にどんな炒飯を作ったのだろう。ご飯を炒める軽快な音が夏に入った気分を明るくさせる。「柚の花や日々の暮しの中の幸」栄子さんの句。コロナ禍で生活環境が変化する中、身の回りの小さな幸せに目を向けて詠んだ一句。「柚の花」との取り合わせが効いている。柚は初夏に香り高い白い花をつける。
若葉して人のぬくもり恋ふばかり」梢さんの句。若葉が眩しければ眩しいほど、人のぬくもりが恋しい!自粛を強いられる日々の気持ちを素直に詠んでいる。「道端に咲くかたばみの気迫かな」久義さんの句。酢漿(かたばみ)は庭や道路、公園など至るところに生える。葉はクローバーに似ており、5月頃から黄色い5弁の花をつける。花言葉は「輝く心」。この句は、道端の酢漿に自らの人生をなぞらえて詠んだのだろう。下五の「気迫かな」から生きることへの強い思いが伝わってくる。(潔)

艸句会報:東陽(令和2年4月)

東陽通信句会

高点2句
胴吹きの幹逞しく「艸」の春     長澤 充子
ひとりごと言ふ癖つきぬ放哉忌    中川 照子

書くのみの恋文たのし四月馬鹿    中川 照子
リラ冷や聖路加タワーは硝子張り   堤 やすこ
春窮の家に籠りて日々疎し      岡戸 林風
雲雀落つ天の言伝て携へて      新井 洋子
魚島のいきなり鯨めく形       山本  潔
曳く水尾に力なほあり残り鴨     野村えつ子
花屑を掃くも気晴らし自粛の世    貝塚 光子
春月に助けたまへと祈りけり     斎田 文子
語り合ふ恋の窓辺やリラの花     長澤 充子
陽炎や道の辺に人悼む花       岡崎由美子
ユトリロの描く街角風光る      飯田 誠子
自粛期の名画三昧春逝かす      向田 紀子
自粛てふ日々の長きや花は葉に    安住 正子
春満月アインシュタイン舌(べろ)出した  松本ゆうき

(清記順)

一口鑑賞】「ひとりごと言ふ癖つきぬ放哉忌」照子さんの句。コロナ禍で引き籠り状態になっている今のご時世を踏まえているが、「ひとりごと言ふ癖」は一人暮らしの人にとっては、以前からありがちなことでもあろう。そこはかとない孤独感は下五に置いた「放哉忌」と響き合っている。尾崎放哉は種田山頭火と並ぶ放浪の俳人。エリートの道を捨てて数奇な人生を歩み、大正15年4月7日、42歳でこの世を去った。<咳をしても一人>は結核の末期状態の中で詠まれた凄惨な一句。「曳く水尾に力なほあり残り鴨」えつ子さんの句。引き籠りがちになればなるほど、こうした写生句に惹かれるのはなぜだろう。日本で越冬した後も怪我や病気で北の地へ帰れなくなった残り鴨。憂えの中にも、鴨の曳く水尾に力があると見たところに、作者自身の心が投影されているのではないか。<残りしか残されゐしか春の鴨>は岡本眸の句。(潔)

艸句会報:連雀(令和2年4月)

連雀通信句会

高点2句
蝌蚪の尾にはじまる沼の動きかな   安住 正子
句集「艸」読み返しをり花の昼    中島 節子

窈窕のしだれ桜に酔ひにけり     安住 正子
蜃気楼見てきし夜の貝の汁      松成 英子
魚よりも魚影確と春の池       坪井 信子
引き籠もる部屋の隅まで朧かな    山本  潔
囀のひとかたまりや楠大樹      中島 節子
今日も無事紅の鎮もる春夕焼     束田 央枝
花に逢ひ花に別るる一会かな     矢野くにこ
我が庭を選び山鳩巣籠れり      横山 靖子
消息をたしかめ合ふや草の餅     吉﨑 陽子
花こぼし鳥の尾羽の見え隠れ     向田 紀子
ほどほどに暮らして今日の桜かな   松本ゆうき
夕朧骨董市に江戸切子        飯田 誠子

(清記順)

【一口鑑賞】新型コロナウイルスはパンデミック(世界的大流行)を引き起こした。国内でも非常事態宣言が発令され、外出もままならなくなっている。句会が開けず、俳句は一体どうなってしまうのか?あれこれ考えているうちに、連雀句会では早々に手紙による通信句会が立ち上がった。取りまとめ役を買って出てくれた幹事さんには頭が下がる。
蝌蚪の尾にはじまる沼の動きかな」正子さんの句。俳句を作りたい一心で近所の沼を見に行ったのだろう。コロナ禍にあっても、季節は確実に移ろう。水の中では卵から孵ったお玉杓子が泳いでいる。人が近づいた振動を察知してお玉杓子が一斉に泳いだ瞬間、沼の水が濁った。これを作者は「沼の動き」と感じ取ったのである。こんな時だからこそ写生を大切にしたい。そんな思いが伝わってきた一句。「魚よりも魚影確と春の池」信子さんの句も同様に写生に徹した秀句。
句集『艸』読み返しをり花の昼」節子さんの句。私が3月下旬に刊行した句集への挨拶句である。ウイルス感染拡大で人々が家に引き籠もりがちになるタイミングを狙ったわけではないが、ありがたいことに多くの方々から反響があり、手ごたえを感じている。この句も「読み返しをり」だから、何度もページをめくってくれていることがうかがえる。季語「花の昼」も効いている。今年の桜は早く咲いた割には長持ちした。(潔)

艸句会報:すみだ(令和2年3月25日)

すみだ句会(すみだ産業会館)
兼題「浅蜊」

高点1句
薔薇の芽や心折れたる日も赤し    岡崎由美子

思ふこと叶はぬ今日の牡丹雪     岡戸 林風
薔薇芽立つ三階建てのベーカリー   髙橋 郁子
春の蝶ひらがなあそびして去りぬ   工藤 綾子
葱坊主山から猿の来る頃か      福岡 弘子
日替りの理屈をこねる日永かな    松本ゆうき
亡き父の墓前にタバコ椿散る     桑原さかえ
さりげなくフラダンスして潮干狩   大浦 弘子
春の服着て蝶になる女の子      岡崎由美子
幼馴染みのをみなと選ぶ春の服    貝塚 光子
「深川めし」の暖簾分け入る花の昼  長澤 充子
貝寄風や見へぬものほど恐ろしき   山本  潔

(清記順)

一口鑑賞】「薔薇の芽や心折れたる日も赤し」由美子さんの句。この春は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)により、外出もままならない状況になってしまった。句会をしようにも公共施設が閉館となり、イベントや集会も自粛ムードが広がった。そんな間隙を縫って開かれた句会で共感を得たのがこの一句。「心折れたる日」という措辞が現況をうまく言い表している。炎のように赤い薔薇の芽との対比も絶妙だ。「葱坊主山から猿の来る頃か」弘子さんの句。葱の花が咲くころは春も深まり、山里も精気に満ちている。ならば猿も餌を求めてやってくるだろう。コロナ禍の中にあってもユーモラスな気持ちを忘れないことが大事だと思わせてくれる一句。(潔)
プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
525位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
18位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR