FC2ブログ

艸句会報:すみだ(令和3年7月28日)

すみだ句会(すみだ産業会館)
兼題「炎暑、炎天」

高点3句
満天の星を見てゐるハンモック    山本  潔
炎天へ跳びスケボーの宙返り     岡崎由美子
照り返す大暑の寺の鬼瓦       内藤和香子

百年ものの祖母の紬や風入れる    福岡 弘子
滴りや誰が名付けしか「延命水」   髙橋 郁子
睡蓮を揺らす暗がり何か棲む     内藤和香子
夏雲に轟くブルーインパルス     山本  潔
父の忌の墓石よ灼けるだけ灼けて   岡崎由美子
鯔飛んでとんで汐入る小名木川    貝塚 光子
五線譜を誘ふ風や麦の秋       大浦 弘子
アイゼンの音並びゆく大雪渓     桑原さかえ
風死して鉄路の匂立ちにけり     岡戸 林風
竹箸の節の味はい夏料理       長澤 充子
よひどれの時代懐かしなめくぢり   松本ゆうき
炎天や影だけ連れて戻りける     工藤 綾子

(清記順)

【一口鑑賞】炎天へ跳びスケボーの宙返り」由美子さんの句。コロナ禍第4波が広がるなか、1年遅れの東京オリンピックが無観客で行われている。スケートボードは五輪の新競技。前後に車輪がついた細長い板に乗って公園にあるような手すりや壁を伝い、技を競う。この句は早速、新しいスポーツを詠んだ意欲作。兼題も踏まえて躍動感のある一句に仕上げた。「アイゼンの音並びゆく大雪渓」さかえさんの句。「アイゼン」は登山靴に取り付ける金具で、雪や氷に覆われた斜面を登降する際の滑り止め。掲句は夏の北アルプスの白馬岳あたりに登った際の思い出だろうか。雪渓を縦列に登る人たちの足取りを「アイゼンの音」に集約させた。(潔)

艸句会報:かつしか(令和3年7月25日)

かつしか句会(亀有地区センター)
兼題「酸、酢」

高点1句
肘枕がくんと崩る三尺寝       片岡このみ

明け方に雨上がりけり蓮の花     伊藤 けい
ふるさとの酢橘を搾る麦焼酎     近藤 文子
角打ちの昼酒首の汗拭い       新井 洋子
はびこりて邪険にしたき酢漿の花   五十嵐愛子
酢こんぶとするめのつまみ遠花火   平川 武子
海の色めきてゆかしき能登上布    佐治 彰子
閉め忘る冷蔵庫から電子音      千葉 静江
約束のできない日々や草を引く    小野寺 翠
一膳に酢の物添へて夏蕨       高橋美智子
後先になりて子の振る捕虫網     笛木千恵子
風鈴や眠れぬ夜の友となり      西川 芳子
ご近所の音聞こえ来る胡瓜揉み    西村 文華
ひばの香の酸ケ湯にしみる日焼かな  霜田美智子
裏木戸の人来る気配夏休み      三尾 宣子
みちのくの酸味ほどよき心太     山本  潔
新婚さんらしき二人や青簾      片岡このみ
酸性の俺が好きよと藪蚊めが     新井 紀夫
身の酸化防ぐマリネや梅雨明ける   中山 光代
彩雲を夢に見た夢金魚玉       山田 有子

(清記順)

【一口鑑賞】肘枕がくんと崩る三尺寝」このみさんの句。「三尺寝」は昼寝の副季語。職人さんが三尺ほどの狭い空間で仮眠するからという説と、太陽の影が三尺動くだけの短い間の昼寝という説があるらしい。いずれにしても仕事の合間の至福の時だろう。枕を使う余裕はなく、肘枕で眠るしかない。そんな職人さんが「がくん」と崩れる瞬間を活写した。「一膳に酢の物添へて夏蕨」高橋美智子さんの句。兼題からの発想で「酸っぱさ」を詠んだ句はいろいろあったが、掲句はさりげない詠みぶりながら、「夏蕨」が浮き立つ。夏に高原などで採れる山菜は趣が深く、ありがたみも増す。(潔)

艸句会報:東陽(令和3年7月)

東陽通信句会

高点3句
奥能登や青田の風は海に抜け     安住 正子
子らの声はみ出す日除駄菓子店    新井 洋子
製麺の音の洩れくる葭簾       向田 紀子

初蟬や一木一草うごかぬ日      野村えつ子
頬杖をついて無心や水中花      安住 正子
砂浜に小流れのすぢ浜豌豆      岡崎由美子
終バスの尾灯熱帯夜へ続く      新井 洋子
峡深き瀬音いつしか河鹿笛      岡戸 林風
古紙結ぶ紐の緩みも小暑かな     山本  潔
踏切の遮断機下りて炎暑なほ     長澤 充子
ビル街の隙間すきまの雲の峰     斎田 文子
梅雨晴や鳥群れくぐる葛西橋     中島 節子
浜風や烏賊がするめと化してゆく   中川 照子
空蟬や心は老いに追ひつかず     堤 やすこ
気散じのお鷹の道や岩清水      向田 紀子
ともかくも走つて逃げる夕立かな   松本ゆうき
蟬しぐれ聴きながら読む句集「艸」  貝塚 光子
岩の間の魚影きらめく群青忌     飯田 誠子
(清記順)

【一口鑑賞】関東甲信は平年より3日早く、7月16日に梅雨が明けた。ほぼ同じ頃に私は今年最初の蟬の声を聞いた。「初蟬や一木一草うごかぬ日」えつ子さんの句。初蟬が鳴いた日の感じを端的に書きとめている。「一木一草うごかぬ」とはいつも自然を観察している作者の実感。風がやみ初蝉だけが鳴いている。この日を境に季節も晩夏へと移ったのだろう。「踏切の遮断機下りて炎暑なほ」充子さんの句。情景としては遮断機が下りているだけなのだが、猛暑がやってきた日の1シーンとして共感できる。足止めを食っている作者の苛立ちは「炎暑なほ」に余すことなく表現されているのではないか。シンプルに季語の力を信じて詠んだ一句。(潔)

艸句会報:若草(令和3年7月10日)

若草句会(亀有 ギャラリー・バルコ)
兼題「甘」

高点2句
背ナの子を夢ごと下ろす夏座敷    安住 正子
白絣きりりと結ぶ貝の口       針谷 栄子

練切りの甘さとけゆく花菖蒲     飯田 誠子
糸蜻蛉茶庭の小さきビオトープ    新井 紀夫
泥縄で生きてきましたももすもも   松本ゆうき
母と子とその子も集ひメロン切る   山本  潔
斑の金魚新入りにしてあるじ顔    新井 洋子
雨の日は雨たのしんであめんぼう   安住 正子
涼しさや甘味処の花手水       針谷 栄子
甘酒を仕込む匂ひや犬騒ぐ      石田 政江
ゆだち過ぐ洗ひたてなる空まさを   沢渡  梢
夏至の日の甘口カレー銀の匙     吉﨑 陽子
坪庭の実梅香りも黄金色       市原 久義
水揺れて目高は影を殖やしたる    坪井 信子

(清記順)

【一口鑑賞】白絣きりりと結ぶ貝の口」栄子さんの句。「貝の口」は着物の帯の結び方の一つ。男物の角帯の一般的な結び方で、折り目が二つ重なって二枚貝の口のように見えることからそう呼ばれるようになったらしい。この句は「白絣」が夏の季語。ご主人の姿だろうか。絣の模様が入った白地の着物がいかにも涼しそう。帯を結んだ瞬間を描写した。「甘酒を仕込む匂ひや犬騒ぐ」政江さんの句。作者の家には「ミカンちゃん」という大型犬がいてやんちゃな盛り。甘酒を作るときに使う米麹が大好きで、匂いがしただけで飛んでくるそうだ。小まめな作者は兼題「甘」を詠み込もうと、実際に甘酒を作ったのだろう。匂いに興奮して騒ぐ「ミカンちゃん」を見て一句ができた。(潔)

艸句会報:連雀(令和3年7月7日)

連雀句会(三鷹駅前コミュニティセンター)
兼題「小暑」

高点1句
紙魚走る定價弍圓の初版本      安住 正子

梅雨寒のアキレス腱とヒラメ筋    向田 紀子
水打つてけふの一日の乱れなく    横山 靖子
蚰蜒やふるさと捨てた馬鹿な俺    松本ゆうき
海の絵の葉書一枚小暑かな      松成 英子
泰山木師の師の花として咲けり    山本  潔
糶札の下を金魚の尾鰭かな      安住 正子
仏法僧鳴いて天狗の山深し      矢野くにこ
まだ上がる脚を頼りに夏帽子     春川 園子
笑む母の待つてゐさうな夏の駅    渕野 宏子
川音も闇も動かす螢かな       束田 央枝
たかんなの竹にならむとする勢    坪井 信子
辣韮漬く手伝ふ夫の手際よき     中島 節子
恙なく小暑の句座にありにけり    進藤 龍子
亡き母の残してゆきし蠅叩き     飯田 誠子

(清記順)

【一口鑑賞】海の絵の葉書一枚小暑かな」英子さんの句。兼題「小暑」は二十四節気の一つ。陽暦ではちょうど7月7日頃。梅雨明けが近くなり、いよいよ夏も本番に向かう。小暑から立秋(8月8日ごろ)までが暑中見舞いを書く期間になる。この句は、お気に入りの海の絵葉書を手に、しばらく会っていない友達のことを考えているのかもしれない。「恙なく小暑の句座にありにけり」龍子さんの句。90歳を過ぎている作者。既にコロナのワクチン接種を2回終えて体調にも問題はないそうだ。句会に参加できる喜びを素直に詠んだ。上五の「恙なく」に実感が込められている。「小暑」をきっちり自分の身に引き寄せているところが素晴らしい。大ベテランならではの味わいのある一句。(潔)

艸句会報:かつしか(令和3年6月27日)

かつしか句会(亀有地区センター)
兼題「螢」

高点2句
片膝を立てて無言の草取女      近藤 文子
十薬を時にしみじみ見ることも    小野寺 翠

青葉闇祠に猫の昼寝かな       中山 光代
夏のれん軽く背伸びの裳裾見ゆ    近藤 文子
接種終へ踏み出す一歩街薄暑     小野寺 翠
別るるはまた逢ふために姫螢     山本  潔
ほうたるの飛び交う里や長屋門    佐治 彰子
思ひ出の南部風鈴吊るしけり     千葉 静江
竹ばうき躱しかはして初螢      西川 芳子
築庭にそつと置きたる螢籠      高橋美智子
コロナ禍の気晴らしとなり缶ビール  西村 文華
梅雨寒や早よ寝るが勝ち明日は晴   五十嵐愛子
草叢に神も御座すや螢の火      伊藤 けい
噴水の風のかたちにへこみたり    平川 武子
ややあつて泡の一つや水中花     笛木千恵子
小走りに駅へ駆け込む夏帽子     片岡このみ
父の句に出会ふ歳時記梅雨夕焼    新井 紀夫
風鈴やふはりと白のチマチョゴリ   霜田美智子
自転車ではるばる螢狩へゆく     三尾 宣子
あめんぼう雨の水輪に輪を重ね    新井 洋子
関口の小さき庵や群れ螢       山田 有子

(清記順)

【一口鑑賞】思ひ出の南部風鈴吊るしけり」静江さんの句。「南部風鈴」は岩手県の伝統工芸品。南部鉄器の風鈴はずしりとした重みがあり、「リーン」と奥行きのある音を出す。いかにも涼しそうだ。作者にとっては愛着のある風鈴なのだろう。この句は、一句一章のシンプルな詠みぶりがいい。上五〜中七の措辞が読み手の想像をかき立てる。「風鈴やふはりと白のチマチョゴリ」霜田さんの句も風鈴を詠んでいる。こちらは朝鮮の民族衣装、チマチョゴリとの取り合わせ。「風鈴や」で涼しげな場所が想像される。そこに白いチマチョゴリの女性が現れる。「ふはりと」の措辞によってその姿がより具体的に描かれる。この句は二句一章と呼ばれ、俳句の基本的な形と言っていい。(潔)

艸句会報:船橋(令和3年6月26日)

船橋句会(船橋市勤労市民センター)
兼題「夏草」

高点1句
羅をなびかせ僧の早歩き       並木 幸子

夏草や日に一便の引込線       岡戸 林風
夏草や静けさやぶる鳥のこゑ     小杉 邦男
夏草やバーの高椅子すてられて    並木 幸子
積年の重き荷下ろし梅雨の月     川原 美春
雨宿り葭簀内より呼ばれけり     矢島 捷幸
十薬に見守られをり波郷句碑     中川 照子
夏草の果ての洞穴沖縄忌       針谷 栄子
夏草にパワーシャベルの爪深く    山本 吉徳
夏草を抜いて大地の皮を剥ぐ     市原 久義
夏草も犬の尻尾もぬれてをり     山本  潔
畳屋の草履の鼻緒花ざくろ      沢渡  梢
夕立と競ふべからず握る杖      三宅のり子

(清記順)

【一口鑑賞】羅(うすもの)をなびかせ僧の早歩き」幸子さんの句。この日、一部の人は日蓮を開祖とする中山法華経寺(市川市)を吟行して句会に臨んだ。作者もその一人。コロナ禍で参拝者は少ないが、自動車の安全祈願などが行われていた。本堂から不意に出てきた僧侶が、夏用の法衣をなびかせている姿が印象的ですかさず詠んだという。「早歩き」の感じがよく出ている。吟行できなかった人からも人気を集めた一句。「夕立と競ふべからず握る杖」のり子さんの句。日常的に杖を頼りにしている作者。誰しも夕立が来そうになると家路を急ぎたくなるものだが、はやる気持ちを抑えてくれるのが「握る杖」なのだろう。「焦ってはだめ」と自分に言い聞かせている様子が伝わってくる。(潔)

艸句会報:東陽(令和3年6月)

東陽通信句会

高点1句
負ふものの重みは知らず蝸牛     岡戸 林風

方々にものの音する夏の朝      松本ゆうき
幼子のしやぼんの匂ひ夕薄暑     新井 洋子
汗ばめる額差し出す検温機      岡崎由美子
金魚草ほそぼそと継ぐ駄菓子店    山本  潔
辰雄忌の緑のインク落し文      岡戸 林風
吊橋揺れて万緑の谷動く       安住 正子
吹き抜ける風の軽さや麻暖簾     長澤 充子
風の無き草叢選りて夏の蝶      斎田 文子
引き返すことも賢明かたつむり    野村えつ子
町並みの様変りして日雷       堤 やすこ
紫陽花のこみちを夫と歩きけり    貝塚 光子
萍を押しのけて寄る神の鯉      中川 照子
あぢさゐの藍にほぐるる心かな    中島 節子
忽然と友は施設へ風知草       向田 紀子
行々子来て大利根の流れかな     飯田 誠子

(清記順)

【一口鑑賞】負ふものの重みは知らず蝸牛」林風さんの句。人は誰しも重荷を背負って生きている。それを重いと感じるかどうかはその人次第だし、個人差もあるだろう。この句は、蝸牛を自分自身になぞらえているとも読めるし、重荷を背負う誰かのことを思いやっているとも読める。コロナ禍もあって自分のことで精一杯になりがちな世の中だが、人の苦労を思いやる優しさこそ必要だと思わせてくれる一句。「忽然と友は施設へ風知草」紀子さんの句。仲の良かった友人が前触れもなく、介護施設へ入ってしまったのだろう。上五の「忽然と」に作者の驚きがよく表れている。超高齢化社会では容易に起こり得ることだ。「風知草」はイネ科の植物で葉が細長く、表が白、裏は緑。表と裏の逆転した感じが戸惑いの大きさを物語る。(潔)

艸句会報:すみだ(令和3年6月23日)

すみだ句会(すみだ産業会館)

高点1句
逃げ足の速き蜥蜴の振り向きぬ    工藤 綾子

卯月波落魄のごと酒を断つ      松本ゆうき
保育児の縄電車行く立葵       貝塚 光子
川縁の小舟朽ちかけ片白草      長澤 充子
石垣のすきま夏草攻めのぼる     髙橋 郁子
花菖蒲雨のしづくの光り合ふ     内藤和香子
水音の誘ふ闇や初螢         福岡 弘子
白南風の空を狭めて副都心      岡戸 林風
生菓子の花の形や新茶汲む      工藤 綾子
校庭のソーラン節や梅雨の蝶     大浦 弘子
睡蓮にほどよき距離のありにけり   山本  潔

(清記順)

【一口鑑賞】逃げ足の速き蜥蜴の振り向きぬ」綾子さんの句。蜥蜴は夏の季語。俳句好きでも実際に遭遇すると悲鳴を上げる人もいるが、作者は蜥蜴であろうと蛇であろうと、決して物おじしないという。しめたとばかりに観察するそうだ。この句は、人間の気配を察知した蜥蜴が逃げる様子を見ているうちに、一瞬止まって振り向く姿に愛嬌を感じたのだろう。あくなき探究心によって物にした一句。「卯月波落魄のごと酒を断つ」ゆうきさんの句。「落魄(らくはく)」はおちぶれること。同じ酒好きとしては、呑めなくなることは落魄に等しいという気持ちはよくわかる。実際にはしばらくお酒を控えただけらしいが、白波の立ち騒ぐ様子を連想させる「卯月波」によって心象的な一句に仕上がった。(潔)

艸句会報:若草(令和3年6月12日)

若草句会(亀有 ギャラリー・バルコ)
兼題「蛇の衣」

高点1句
お持たせのどら焼なれば古茶を濃く  市原 久義

椅子三つ余りしままに夏来る     吉﨑 陽子
ががんぼになりて道後の湯に浮かぶ  松本ゆうき
暑き日の真昼やカメレオンの黙    坪井 信子
夏草やインコの墓の当たり棒     沢渡  梢
蛇の衣寺の大樹の真暗闇       新井 紀夫
神木に向けぬ尾の先蛇の衣      針谷 栄子
新茶汲む古りし湯呑の箆の痕     市原 久義
蟻地獄音なく砂の動きけり      安住 正子
小梅採る夕日の中に夫のゐて     石田 政江
火蛾闇を食ひちぎらむと夜の市場   山本  潔
青嵐空の混み合ふ副都心       新井 洋子
蟻塚や賢く生きること難し      飯田 誠子
天上の友と語らん燕子花       岡戸 林風


【一口鑑賞】お持たせのどら焼なれば古茶を濃く」久義さんの句。どら焼は日本人のポピュラーなお菓子である。人気アニメの主人公、ドラえもんの大好物としても知られる。この句は、お客さんがお土産に持ってきてくれたどら焼を早速いただこうというのだが、「古茶を濃く」に作者の気持ちが感じられる。「古茶」も夏の季語。気に入っているお茶と好物のどら焼を前に気心の知れた来客との会話が弾む。「夏草やインコの墓の当たり棒」梢さんの句。子どもの頃の思い出だろうか。かわいがっていたインコが死んでしまい庭に埋めたのである。アイスキャンディーの「当たり」のマークが付いた棒を立ててお墓の目印にした。少女にとっては宝物のような「当たり棒」だったが、インコを弔う純真な心を代弁しているようだ。「夏草や」の切れが場面を浮き立たせる。(潔)
プロフィール

艸俳句会

Author:艸俳句会
艸俳句会のWeb版句会報。『艸』(季刊誌)は2020年1月創刊。
「艸」は「草」の本字で、草冠の原形です。二本の草が並んで生えている様を示しており、草本植物の総称でもあります。俳句を愛する人には親しみやすい響きを持った言葉です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
艸俳句会カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
371位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小説・詩
15位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR